困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

なぜ儲かる方法を教えるのか?

ヤバいものができました。

私が1番だと言えるくらい
成功できる方法です。

今日のポイント

・なぜ儲かる方法を売るのか知り、
 騙されないポイントがわかる

教える必要はない

もし宝くじが当たったら。

誰にも教えずに
こっそり使いますよね?

教えてもせびられたり
嫌がらせされたり。

いいことが1つもないからです。

儲かる方法も同じです。

自分だけが上手くいっていれば
それでいいはずです。

他の人に教える必要はありません。

なぜ教えるのか?

でも世の中には
儲かる方法を教えている人が
たくさんいます。

表向きには

・困っている人を助けたい
・成功者を増やしたい

といいつつ

実際は

・方法を売ることで儲けている

ということがよくあります。

「99%が詐欺なんじゃないか」
思うくらいです。

あなたも騙されたことが
あるのではないでしょうか?

教える意味がない

とんでもない方法が完成しました。

まだまだ改善の余地はあるものの
自分でも信じられないくらい
素晴らしい方法です。

「じゃあその方法を
教えるのか?」

答えはNOです。

100万円もらっても教えないでしょう。

そもそも数日で
100万円以上稼げる方法です。

100万円で教えることに
価値を見いだせません。

むしろマイナスです。

唯一考えられるのは?

教えるとしたら

『リスク分散のため』

ですね。

例えばあまりにも成功しすぎると
業界から嫌われてしまうことがあります。

まっとうな方法であっても。

投資で言えば、業者から
アカウント停止されることもあります。

アフィリエイトでも、楽天アカウントが
停止になったことがあります。

「10万ポイント以上あったのに」
「普通の買い物もできない」

と泣いたものです。

腐る前に売る

だから保険のために
方法を売ることで
リスクを分散します。

ずっと通用する方法はありません。

ある意味、活きがよいときに
売ってしまった方がよい
場合が
多いでしょう。

結論

方法が世の中に出てきたときには

・すでに賞味期限が
 切れかかっていることが多い

ということです。

もしくは完全に詐欺か。

美味しい話が
その辺に転がっているということは
まずありません。

裏があるから
転がっています。

まとめ

儲かる方法を売るのは

・リスク分散のため

方法が世の中に出てきたときは

・賞味期限は短い

とわかっておくことが重要です。

騙されないために
自分で方法が改善できるように
基礎基本を身につけることが大事ですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。