困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

マイナンバーって
何か自分が管理されるような
気がしませんか?

でもネクタイも同じだと
気づきました。

今日のポイント

・ただ流される人生ではなく
 自分らしく自由に選択する
 生き方ができるようになる

おかしくない?

高校生や社会人になると
ネクタイをしめます。

スーツも着ますよね。

不思議じゃないですか?

なぜネクタイ!?

ネクタイって
ただの紐じゃないですか。

それを首にまいて
”正装です”って…。

「いや、紐でしょ、それ」って
つっこみたくなります。

みんな同じように紐を
首にまいて。

電車や車に乗って
会社に行って。

気持ち悪いです。

何が気持ち悪いって。

ネクタイやスーツを
何の違和感もなく身につけている自分が。

習慣は恐ろしい

だってそうでしょ。

・浴衣の女の子はかわいい
・着物の女性は奥ゆかしい
・センスのよい男性はカッコイイ

いつの間にか
服装を受け入れています。

ルールとセンスの境目って
どこでしょうね?

『習慣』『美しさ』
似ているようで違うと思います。

美しさは磨くものですが、
習慣はまわりの影響で
作られたもの
です。

生まれたときに決まる

「郷に入れば郷に従え」
生まれたときには決まっています。

・人間として
・生まれた場所
・生まれた時代

生を受けた瞬間に、自動的に
選択している
ということです。

選択してるんですね。

何を選択するか?

人生は何を選択するかです。

例えばもしマイナンバーで
管理されるのが嫌だったら。

管理されない国に行くことができます。

もしネクタイやスーツが嫌だったら。

ネクタイやスーツがない
仕事
をすればOKです。

問題なのは、最初から自動的に
選択してしまっていることに
気づいていないこと
です。

例えばマイナンバーが
なぜ必要なのか、
そして自分とどう関わるのか
わからないまま使っているとか。

自由に生きるために

大事なことは

『まわりに流されずに
自分で選択すること』

です。

多数決で決まる常識

この時代に生まれたことで
いろんな制限がかかっています。

そして制限を『常識』として
受け入れています。

例えばネクタイをしめることが
正しい服装だというように。

何もわからないまま
正しいと思い込んでいます。

自分らしく生きるには?

常識が正しいことではなく
ただの多数決だと気づくこと

大切です。

何もわからないまま縛られていると
自分の才能や生き方まで縛ってしまうからです。

その結果、本当にやりたいことを我慢したり、
本当ならできたことが
できなかったりします。

成功できないのは嫌ですよね?

1番マズイのは

知識不足です。

歴史を知らずに、政治を語ることは
できません。

ルールを理解せずに
批判しても意味はないです。

まずは

・自分がルールの中にいる

と認めること。

文句を言っても始まりません。

認めて、自分はどうしたいのかを考える。

何をすべきかを選択していくことが
自分らしく生きるために重要です。

具体的なステップ

自分の道をしっかりと生きるには

1.生まれた瞬間に自動的に
  適用されているルールがあると気づく

2.ルールを学ぶ

3.ルールを一切考えず、
  自分が何をしたいのか明らかにする。

4.ルールの中で生きることを選択する
  (もしくはそれ以外の場所へ行く)

5.ルールに流されるのではなく
  ルールの中で自分らしさを追求する

例えば

みんながスーツを着ているから
自分も着ないといけないということは
ありません。

まずなぜスーツを着るのか、
ルールや理由を勉強します。

その上で、自分がどうしたいのか
決めます。

自分で選択するということですね。

”まわりが着ているから
自分も着る”

のではなく

”自分で着ることを選択”します。

自分で選択しないと
ただ流されるだけの人生に
なるからです。

まとめ

自分らしく生きるには

・ルールを認め、
 何をしたいかを明らかにし、
 自分で選択して生きる

世の中の当たり前は
ただの習慣です。

なぜそういった習慣があるのかを知る。

そしてあなた自身がどうしたいのかを
1つ1つ時間をとって考えていく。

それがあなたの自由な生き方です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー