困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

大失敗したときに考えるべき3つのこと

10万円をあっという間に
失いました。

ショックで
胸に重りがズシンと
のっかったようでした。

今日のポイント

・大失敗を乗り越える方法を知る

1番重要なこと

大失敗をしたときに
もっとも重要な視点。

それは

・短期的なマイナスは
 長期的にはプラス

ということです。

必ず落ち込む

失敗すると
「自分はダメな人間だ」
と落ち込みますよね。

でも成功している人も
必ず同じような失敗を
しています。

そして乗り越えたから
成功しています。

・大きな失敗をしている人が
 より大きな成功を手にしている

と前向きにとらえるとよいです。

実はプラス

落ち込んだときは
なかなか上を向けないかも
しれません。

そんなときは

「今と同じ失敗は
もう人生で二度と起こらない!」

ひゃっほー!

実はいいことなんだと考えます。

同じ失敗をしないことは
ものすごく人生でプラスに
なりますからね。

例えば車で事故った人や
スピード違反でつかまった人は
長い人生でみればプラスです。

同じ失敗をしないんですからね!

考える3つのこと

失敗したときに
考えるとよいことがあります。

1.なぜ失敗したのか?

原因を明らかにします。

例えば10万円失ったのは

・ギャンブルのように
 負けをとりかえそうとしたから

など。

2.同じ失敗を繰り返さないためにどうすればよいか?

次回、同じ失敗をしないように
解決策を考えます。

例えば

・感情にまかせず、事前に
 根拠を明らかにする

・失敗した場合どうするか
 考えておく

など。

3.失敗しなかったときと比べどのような点でプラスか?

成功したときには
得られなかったこと

必ずあります。

短期的なマイナスは
長期的にはプラスです。

例えば

・一攫千金をねらうのではなく
 地道にコツコツと積み重ねることが
 1番重要

など。

もし上手くいっていたら
大事なことに気づけないかもしれません。

今上手くいっても、
1年後にもっと大きな失敗
していることもあります。

後悔する必要はない

人はどうしても
「上手くいっていたら
得ることができたのに…」

と後悔します。

でも重要なことは
上手くいったときは
それはそれでマイナス
だということです。

なぜなら上手くいったら
調子にのって、もっと大きな失敗を
することもあるからです。

・短期的な成功は長期的にマイナス

となる可能性があることも
頭に入れておくとよいです。

まとめ

大失敗したときは

・短期的なマイナスは
 長期的にはプラス

と考える。

成功者は必ず同じような失敗をし
乗り越えて成功しています。

あなたも必ず成功できます!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。