困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

ベッキーの不倫騒動、
どう思いましたか?

私はイメージは怖いと
思いました。

今日のポイント

・可能性を広げる
 物の見方を身につける

ダークサイド

人間、必ずダークサイドがあります。

「美人はウンコはしない」
ということはないですよね?

ウンコもおならもします。

人を憎むこともあれば、
感情に流されることもあります。

どんなに優等生でも
悪いことはします。

ベッキーも人間

芸能人はキャラクターが
決まっていますよね。

だから「ベッキーは悪いことをしない」
と思うのも当たり前です。

キャラがお金になっているので。

でも彼女も人間です。

悪い部分があって
当たり前
です。

もちろん芸能界では
通じませんが。

決めつけていないか?

日常で気をつけると
よいことがあります。

芸能人と一般人は
違うということです。

何が違うかというと

・一般人にキャラクターなど
 存在しない

ということです。

それにも関わらず
決めつけていないでしょうか?

例えば「あの人は時間を守れない人」
「叔母は欲深い人」というように。

客観的に見るクセを

大事なことは

・人をあらゆる角度から見ること

です。

一方向から見たら
”あの人は超いい人”
と思うかもしれません。

でも違う方向から見たら
”意外と悪いところもあるんだな”
と思うかもしれません。

もし客観的に見ないと

例えば結婚してから

「あなたがそういう人だと
思わなかったわ」

と言われることがあります。

「いやいや、人間いろいろだよ」
と思いますよね。

決めつけると後でがっかりする
こともあるでしょう。

ある部分だけ見て
決めつけないようにしたいものです。

例えば

会社の面接に来た人が
言葉遣いは悪いけど
仕事はめっちゃできるということも
あるわけです。

決めつけるほど
正しい判断ができなくなります。

自分自身も

客観的に見るのは
自分についても同じです。

自分はできない。

自分はこういう人間じゃない。

そんなことはありません。

芸能人のように
固定化する必要はありません。

一部は悪いところがあっても、
良いところも山程あるのですから。

決めつけた時点で
可能性をつぶしているかもしれません。

まとめ

人間関係を円滑にし
可能性をつぶさないために

・人をあらゆる角度から見て
 決めつけないこと

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。