困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

SMAP解散危機から学ぶメディアリテラシー

SMAP解散のニュース、
どう思いましたか?

私はメディアは怖いと
思いました。

今日のポイント

・情報に流されずに
 正しい判断ができるようになる

ヤフーニュースでは

・キムタクは事務所に残り
 他4人は退社(2016年1月13日時点)

と伝えていました。

そして

・キムタクは恩義を優先し残る

ともありました。

ニュースを見たら

・キムタクは恩を大事にする人

・その他はそうではない人

のように受け取れます。

本当にそうでしょうか?

メディアに流されるな

気をつけないといけないのは

・当事者でなければ
 本当のことはわからない

ということです。

メディアは

・すべての情報を正しく伝えている
 わけではありません

・大勢の人の目をひくように
 伝えています

もっとも危険なのは

・一部の情報だけで
 本当のことのように信じてしまうこと

です。

例えば

失言が多いと言われる森元首相。

浅田真央選手について

「あの子、大事なときには必ず転ぶ」

という発言が
メディアで取り上げられました。

「何てことを言うんだ!」
と思いましたよね?

でも話した内容を最初から
最後まで聞くと。

実は浅田選手をかばった話の
一部だった
とわかります。

メディアは、発言の一部分だけを
わざと切り取ったのです。

センセーショナルに
目をひくからです。

その結果、まったく逆の意味
なってしまったのです。

大事なことは

・一部の情報だけで判断しないこと

スマップ分裂の真実や
各個人の気持ちは

”本人にしかわからないこと”

です。

メディアが正しいとは
限りません。

・なるべく多くの情報を得ること

・できれば本人の発言を
 しっかりと聞くこと

常に

『情報が正しい根拠はあるのか?』

裏がとれた話なのかどうか
気をつけるとよいです。

SMAPそれぞれにも
考えがあってのことです。

報道の一部だけで、いい人、悪い人と
決めつけないようにしたいです。

まとめ

情報に流されないために

・本当のことは当事者にしかわからない

・聞いた一部分だけで判断しない

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。