困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『君が輝く最高の君へ』

「ふざけるなよ」

アパートに住んでいたとき、
毎日がイライラの連続だった。

今日のポイント

・イライラしたとき
 成功者はどう解決するか?

大迷惑

アパートの駐車場は
せまい道に面している。

反対側は田んぼだった。

それをいいことに、
ある夫婦が引っ越してきて
路駐するようになった。

これまでは道全体を使って
バックで駐車場にとめることができた。

ところが路駐のせいで
車一台分しか通れない。

「なぜ路駐の車にぶつからないように
神経をはりつめながら
とめないといけないのか」

バカバカしい。

駐車場から出るとき

「このままアクセル全開で
田んぼに車、つき落としたろか」

と何度思ったか。

我慢の限界

今では大人げないと
思っているが。

いらついた私は
車を撤去すると通告した。

理由は

・子供がよく遊んでいる道路で
 路駐は危険であり
 アパートの住人からも苦情が出ている

というもの。

結果、路駐はなくなった。

今思えば、もっといいやり方
あったのではないかと。

結果を得るために

欲しい結果を得るために
どう行動するか。

悪いやり方から良いやり方まで
3段階ある。

ステージ1.感情にまかせる

1番やってはいけないパターン。

バットを持って殴りこみとか、
パンクさせるとか。

時々やりたくなるんだけど。

そこは我慢。

ステージ2.方法を考える

「~を得るためにどうすればよいか?」
と自分に質問する。

例えば路駐をなくすためなら

不動産屋に言うとか、
警察に連絡するなど。

ステージ3.感情の裏にある信念を変える

「~を得るために何を信じればよいか?」
と自分に質問する。

不安になったり、むかついたり、
感情がゆれるときはよくある。

対処法を知っておくと便利。

イライラなど、
ネガティブな感情の裏には

・間違った信念

があることがほとんど。

例えば仕事が上手くいかないとき

・上手くいかないのは景気が悪い

と信じているなど。

信じているものが悪いので
間違った行動をしてしまう。

信念を変える

大事なことは

・欲しい結果につながる良い信念

を持つこと。

例えば路駐を気にせず
生活している人になれるような
信念を持つなど。

ちなみに私はこの後、
路駐が嫌で一軒家を建てた。

自分を成長させるのは
もっともよい手段だと思う。

成功の鍵

悪いものではなく、良いものを
信じることが成功の鍵。

落ち込んだときは自分に
悪い質問をしがち。

頭の中で「自分が悪いんだ」
繰り返すのはさらなる失敗の元。

変なものを信じないで

『結果につながる信念』

を持つようにしたい。

まとめ

欲しい結果を得るために

・イライラなどネガティブな感情の裏にある
 間違った信念を変える

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー