困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

1人の女性を救うために

会ったこともない。

見たこともない。

聞いたこともない。

 

最初は迷惑メールだと思った。

 

それは、1件のメールから始まった。

 

2005年11月9日19時20分、

私のメールボックスに1件のメールが届いた。

■はじめまして

見ず知らずの者からの突然のメールお許しください。
私はKと申します。
(名前はふせさせていただきます)

高1と中3の娘を持つシングルママなのですが、
実は先月体調が悪く病院へ行きましたら

もう肝不全の状態で(輸血肝炎による)
余命半年といわれました。

妹がドナーになってくれるとのことで
それしか生きていく道はないのですが、
蓄えもなく娘も進学させねばならず、
途方にくれています。

20日から食道静脈瘤の治療で入院せねばならず、
なんとかパソコンひとつで人生を救えないかと
私の貴方様と同じ苦い体験が多々あるのですが、
思わずメールしてしまいました。

実は生活保護のことを調べようと検索したページに
貴方様の広告が載っていたのです。

もし肝移植をせず半年か1年で死ぬ事になっても
子供達に少しでもお金を残してあげたくて
暗くて救いようの無い相談をして申し訳ありません。

もし何か手立てがあれば教えていただきたいのですが・・・

世の中そんなに甘くはないでしょうかね?

私のメールボックスには1日数百件という
迷惑メールが届く。

 

すべてゴミ箱行きだ。

 

もちろん、このメールもゴミ箱行きだ。

その日は、メール本文に目を通したが、
詐欺まがいの新しい手口だと思った。

 

メールは捨てた。

 

しかし、次の日の朝、8時48分、
2通目のメールが届いた。

昨日のヘビーなメールのKです。

かなり路頭に迷ってる感じのメールを受け取り
困惑されましたでしょう?

確かに私は重病でもう切羽詰った人間なのですが
そんな中でも何か道を切り開きたく必死のパワーが残っているようです。

日大板橋病院の主治医の先生もまだ50才だしね、
と肝移植の道を勧めてくれています。

私のここ2年くらいネットビジネスをかじって
お金には少しもならなかったんですがおかげで
パソコンは自己流でも人に教えてあげられるくらいになりました。

とても貧乏ですが少しくらいの元手は払えます。

でも時間は全然ありません。

病院へはノートパソコンと
京ぽんだけは持っていけますので、
患者がTVを見る時間くらいで作業でき銀行などは下にATMがあり、
動けないときには頼める人がいます。

教えていただけるノウハウですぐにビジネスが
立ち上げられるならやらせていただきたいのですが、
この状況では何か支障や問題等あるようならあきらめたいので、
ご返答のみで良いですのでいただきたいです。

ヨロシクオネガイシマス。

タイトルが私宛だった。

間違いなく前の日にきたメールの続きだった。

私は迷った。
これは悪戯なのだろうか?
それとも・・・?

状況は切羽詰っているようだ。
しかし、これが悪戯ともいいきれない。

特に、一番最後の「ヨロシクオネガイシマス」

普通はカタカナで書かないような気がする。

年齢は50才らしい。
私はとりあえず返信することにした。

ご連絡ありがとうございます。

私の所には一日に数百件もの迷惑メールが届くため、
同じように処理していました。

申し訳ありません。 

しかしながら、こちらとしては正直信用できるだけの、
情報をいただいておりません。

他の迷惑メールと同様にしか受け取れないのも事実です。

ですが、もしそうでなかったらと考えると、
とてもつらい気持ちになるのです。

ここからが、ビジネスの話しですが、
もう少し詳しくお話しをお聞きできれば、 
お力になれるかもしれません。 

つらいかもしれませんが、
今の状況をより具体的にお教えできないでしょうか?

できれば、私がホームページ上で書いているように、
K様の境遇なども加えて文章にされるとありがたいです。 

今のところはこれ以上は言えません。

これが10日の朝10時くらいである。

返信はその日の昼にきた。
思ったよりも早かった。

誰かに話したかったのかもしれなかった。

■長文乱文お許しください。

東京北区**(***)にすむ50歳のシングルマザーです。
東京都北区****-**-**-***(現住所)03-****-****

20歳台の輸血によるC型肝炎の治療のため
6年程前嫁ぎ先の中野から離婚し
実家のそばに転居し暮しています。

2回のインターフェロン治療で完治ならず、
2人娘の昨年、今年と続く受験で通院が滞りがちだったのですが
体調不良もありこの10月かねてより
転院希望していた日大板橋病院に行き、
検査した所、免疫力が強いため肝細胞を壊す勢いが大きいため
今は肝硬変を通り越して肝不全の状態で血小板も4万台、
外で働くのは無理といわれ、
対処療法での延命は2年がぎりぎりのところで、
それ以下の場合もありと告知されました。

私は父も音楽家で19歳より25歳までスタジオミュージシャン
(CM,上田正樹バンド、角松敏生バンド、杏里バンドでサイドボーカル)
25歳から30歳まではレコード製作ディレクター、コンサート制作などの
キャリアがありますが他に手に職があるわけでもなくその頃の貯蓄も
こちらに来て使い果たし、いよいよアウトかと途方に暮れ
生活保護のことを調べるためにgoogleで検索していたら貴方様のHPの
広告が目に止まってメールをさせていただいたわけです。

(ちなみにソウルミュージックが好きです。グラディスナイト
&ピップス、アシュフォード&シンプソンなど)

パソコンは家に3台とノートパソコン京ぽん2機持っていますが
いろいろな情報を買ってはじめたビジネスも買い込んだ健康食品
(ハーバーライフ)も収入には繋がらず、なんとか娘の入学準備の
お金だけも手に入れたい、人を騙すのは嫌ですが、
’銀行でも襲いたい’ところが本音です。

お金で全てが解決するわけでもないと思いますが、
あれば旨くいく事がひしめきあっていて
貴方様の広告のコピーは怪しくても信じたい。

学習が無いといわれても目の前にある希望、
チャンスを逃したくない。

唯一生き延びる道である生体肝移植で肝臓を提供してくれる
という妹にも何か償いがして上げられると思うと、
無意識ににメールをしてしまってる自分がいました。

自分でいうのもなんですが責任感だけは人並み以上にある
生き方をするよう努力してきました。

身体は病気でも心は比較的元気な奴です。

なにか私の人生の打開策はありませんか?

文章をまとめる力が無くいま、取り急ぎ思いつくまま書いたので、
要求に叶っているのかもわかりませんが取り急ぎ送らせて頂きます、

お時間取らせて恐縮です。

                       ***

このようなメールをもらい、
私はどうしたらいいのか?

私は確かにビジネスの方法を知っている。

しかし、体が弱っているときに、
はたしてそれができるかどうか・・・。

 

過去の苦い経験が頭をよぎった。

 

同じように私に助けを求めてきた人が昔いたのだ。

障害者だった。

私は手厚くサポートしながら、
私のビジネスを行った。

最初はうまくいっているように思えた。

ところが、

体調をくずし、

続きは話したくはない。

 

そういうことは2度と嫌だった。
だから、私の方法を実行してもらうことは、
どうしてもためらわれた。

何かできることはないのか。

もしかしたら、悪戯かもしれないが、
これが本当なら、大変なことだ。

私も辛い思いはしているが、
まだ命はある。

それ以上のことをKさんは感じている。

 

なかなか返事は出せなかった。

 

メールの送信記録には今でも私が送ったメールが残っている。

力になります。

でも、方法を少し考えさせて下さい。

返事を送ったのは、
メールをもらってから、
3日後のことだった。

そして返事が来た。

■おはようございます。

お世辞ではなくメールの中に
とても情のある方とお見受けしました。

叉さらに私の状況を踏まえて引き受けてくださるか
検討して貰えて何よりです。

無責任な人とのかかわり方はできないと思ってますし、
時間も残されて無いかもしれないから
勝手かもしれませんが勝ち目の確立が気になります。

今の私にとっては辛いといって同苦してくださった
気持ちだけでも嬉しい贈り物です。

もし縁あって私にできる取り組み<打開策>を
考えつかれましたら真剣にトライしてみたいので
時間の支障をきたさぬ方法で
お伝え願えれば幸いです。

情報アドバイス料、マージンなどはできる限り
ビジネスライクに実行できるよう努力するつもりです。

それでは良いお返事を気長にお待ちしています。

有り難うございました。

                    ***

それから、打開策を私は考え続けた。

悩んだあげく、

思いついたのは、
私の売り上げの一部をKさんにあげることだった。

ただ、それでは私にメリットがない。

そこで、その売り上げに貢献してもらうことにした。

私の戦略はこうだ。
今までは私は自分の教材を販売することでお金を得てきた。

そこに、Kさんの記事を載せる。

そのおかげで、売り上げが伸びるかもしれない。

つまり募金のようなものだ。

世の中にはたくさんのKさんのような人がいるだろう。
不公平な気もした。

しかし、Kさんは見ず知らずの私に
助けを求めてきたのだ。

私以外ではなく、この私にだ。

それが、Kさんの最後の願いなのだ。

わらをも掴むのわらなのだ。

それが、本当にわらであったかどうかは、
Kさん自身が思うことであろう。

実際は売り上げはそれほど伸びたようには思えなかったが、
それでもよかった。

私には金銭的なメリットはないように今も思う。

しかし、そこにはお金でははかれない何かがあった。

 

私のできることはそれだけだ。

 

そして、そのことを伝え、返事がきた。

■おはようございます。

ありがとうございます。

私にとってストレートかつダイナミックな応援
なんとお礼を言ったら良いかわかりません。

以前から思っていたことがあります。

子育てにひと区切りがつき病気と闘う
(まだ重病とわからない頃)記録を中心に本を書こうと・・・

不安定な生活と思春期の娘たちとの葛藤に疲れて忘れていたのに、
急に期限を切られた反動で思い出しました。
出版されないかもしれませんが書き終えたら
印税が入るように記録を残しておきますからね。

パソコンを通して知り合あって実際に友人になった人を振り返ると
メールの中にも見えない波長を感じてた気がします。

幾万もの通リ過ぎる情報の中に、

知恵となるものを求めるのとは別の、

光みたいなものを感じるのはひとの六感によるものだと思います。

変なことを言いましたがお許しください。
まずはお礼まで!

縁をつないでくださって感謝します。

                       ***

私は正直嬉しかった。

このような温かいメールをもらったことに。

だが正直辛かった。

まだ何もできていなかったから。

■***です。

今日は一日涙にくれる日です。

先月24日から肝臓の応急処置と検査のため
日大板橋病院に入院しています。

昨日生体肝移植についてのカンファレンスがあり
年明けに再入院で一ヶ月ほどの準備期間をおいて
移植となるそうで自己負担金も300万くらいかかるとのこと
さあ自分にそれほどの価値があるのかとかいろんな気持が倒錯する中
回りの人の思いややさしさがことさら強く感じられて

そこにあなたのメールをメールボックスにみつけて
世の中素敵なこともあるって嬉しくてないてしまいました。

このメールはPHS携帯で書いていてできれば私の近況、
詳細お便り差し上げたいのでごじゅうしよ教えてください。

私のことを気にかけてくださって本とにありがとうございます。

私はただ祈ることしかできなかった。

売上げの報告をするしか
そのときの私はできなかった。

■心を表す言葉が見つかりません。

お返事遅くなりました。

有難すぎて返事が書けないでいました。

実は入院中に二転三転して、結局進行が早く
1月の後半から2月の初旬に生体肝移植を行うことになりました。

事情を詳しく話しますと昨年まではこの手術は
完全な自己負担で約1,800~2,000万かかっていたのが
2004年、医療保険の適応になり、高額医療費の還付で
80%は戻ってくるようになったのですが、
保険適応外の約300万は自己負担になるといわれ
貯蓄も使い果たした私は寝耳に水で
大手術に対する恐怖と健康な妹を傷つけることも抵抗があり、
一度あきらめる決心をしました。

また手術が成功しても免疫抑制剤を一生服用し
感染症との闘いも壮絶なものがあるときいてこのまま3ヶ月
実して生きればもう寿命なのだからと
無理やり納得してあきらめようと思いました。

今回の入院は食道静脈瘤を焼いて出血を抑える治療でしたが
輸血もたくさんして体も気も弱っていたのでしょう。

でもいろいろな勇気付けがあって

誰もがもらえるチャンスではないことでもあり、
受けることにしました。

ひとつはいつもはやさしく気の弱い妹が
毅然と私のために肝臓を60%も切ることの立ち向かってくれようとしていること、
そして執刀する有名な外科の先生が病院長に掛け合い
お金のことより治療が先決で間に合わなかったり
ストレスになるから生き延びてからお金の算段が出来るようにしてくれたこと、
周りの人たちの協力そしてこの厳しい世の中に
私と会ったことも無いのに私を助けようとしてくれる存在!

本当にうれしくこんな人たちの気持ちに支えられて命を繋ぐ、
生きるってことの意味が少しわかった気がした私なのです。

人を得て時を得て蘇生したら何か面白いことが待っていて、
それは誰かの役に立ったら幸せだなーと思うのです。

背中を押してくださって本当に、

本当に、本当にありがとうございます。   

                  クリスマス一時帰宅の***

今でも思う。

本当に何もできなかったのだろうかと。

■ごぶさたしてすみません。

2月の15日の手術の予定が3月4日に延期となり、
長い長い入院といろいろな検査、
毎日毎日あきるほど血液検査を繰り返していました。

今次女の進学が決まり奨学金の手続きで
仮退院の最後の日を迎えてやっとパソコンに向かいました。
正直な気持ち日が迫るにつれ恐怖心が増し、
お刺身も温泉も楽しむことが出来ない

免疫との戦いが始まる手術後の想像に滅いってはいますが、
命を張ってくれる妹と私の命を大切に思ってくださる
人たちのことを支えに生きて春を迎えたいと思っています。

女性の生体肝移植は割合が低いそうです。

いろいろやらねばならないことも先送りで、
がんばって生還せねば困る家族も抱えているので
演歌じゃないけれど未練さえもばねにしたい気分です。

励ましはお金ももちろん大切だけど

応援してくださる気持ちがどんなにすごいパワーを持つか
実体験させてもらいました。

本とに本とにありがとうございます。

勇気をもらって病院に戻ります。

この次は良い知らせを自分で送れるように
手術を勝ち抜いてきます。

お元気でお過ごしください。。

私を応援してくださった方にも幸せと

健康が訪れますように・・・

          ***より感謝を込めて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが最後のメールだった。

 

涙があふれた。

人とは何と無力なものなのだろう。

 

目の前の1人も救えないで
生きる意味などあるのだろうか?


彼女の最後の救いの声は

私が生きる目的を考え始めた
最初のきっかけとなった


『何のために生きているのか?』


あなたの大切な人の
力になれる力を

どうかつけてほしい

もし目の前に困っている人がいたら、
今、目の前にいる人に手を差し伸べることができる力を。

力をつけてほしい。

 

もし今、あなた自身がつらい状況にあるなら。

その状況を私やそばにいる誰かと一緒に乗り越えて、
同じように困っている人を助けることができる
力を身につけてほしい。

 

私はとても弱い人間だ。

できると思っていたことはいつもできず。

本当に大事な人には何もできない。

だからもっと成長したいと思う。

困っていたら「大丈夫だよ」と声をかけてくれる
そんな優しい世界になってほしいから。

 

きっとあなたの困難を乗り越えた先に。

あなたの生きる意味が見つかるから。

一緒にがんばっていきましょう。

DAI