困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

ステップ1「今何をすべきか知る」

ステップ1の目的は

・今何をすべきか知る

です。

道を開くポイントの1つ目は
価値観でしたね。

今何をすべきか
答えは目の前にあります。

でも価値観のせいで
見えなくなっているという話でした。

したがって目の前の状況を
正しくとらえることで
今何をすべきかを知ることができます。

迷いをなくす、最初のステップです。

ステップ1「今何をすべきか知る」

1.問題が起こる理由を知る

『困難はなぜ起こるのか?』の動画を見ます。

2.目の前の出来事を正しくとらえる

『セッション1』の解説動画を見ます。

3.新しい意味付けを行う

『セッション1』のワークを行います。

4.目の前の出来事の意味を知る

『困難はココを見れば乗り越えられる』
動画を見ます。

5.理想の自分を知る

3のワークで行った意味付けで
実際に行動した場合、
どのような自分になれるか
理想の自分を書き出します。

問題が複数ある場合は、
それぞれの場合で
問題を乗り越えた自分を
書き出します。

6.失う痛みを知る

『困難を克服せずに生かす』の動画を見ます。

7.痛みを書き出す

もし問題に向き合わなかったら

・何を失うか?
・失ったときどのような感情になるか?

書き出します。

8.目標をブラッシュアップする

これまで問題にばかり焦点をあて、
欲しい結果を疎かにしていたことに
気づきます。

目標達成で重要なことは

『問題ではなく
結果にフォーカスすること』

です。

・問題をどうすれば解決できるか?

ではなく

・問題のない状態にするには
 どうすればよいか?

を考えるようにします。

簡単に言えば
「欲しい結果」を考えるようにします。

つまり理想や目標が
大事なのです。

以上をふまえ、もう一度

・目標

を考えなおしてみてください。

例)問題ではなく結果にフォーカスした目標

「○月○日までに借金をなくす」

ではなく

「○月○日までに○円の収入を得る」

など。

9.今何をすべきか1つ決める

以上をふまえ、今何をすべきか、
どの問題に向き合えばよいか
1つあげてください。

後で変わっても大丈夫です。

現時点で向き合う必要があるという
出来事を1つ決めればOKです。


ある意味、このステップ1だけで

・今、何をすべきか

は明らかになります。

すでに今回の講座の目標は
達成されてしまったわけです。

それだけではもったいないので
”目標を達成できるまでのプロセス”
も紹介していきます。

ステップ2はこちら