ローソク足だけでトレードする技術

menu

FXの基礎基本を身につける『練習編』

※このブログは「練習編」です。「FX原理原則」に付属の教材です。

はじめに

1.目的

・結果を出すために必要な基礎を身につける

練習編はトレーニングによって基礎を身につけることが目的です。
FX原理原則」に付属の教材です。

必要なときだけ参考にしてください。

基礎を身につけたいときや
挫折しそうになったとき
に見てください。

2.特徴

・自分に足りない基礎がわかる

・結果を出すために必要な技術の練習方法がわかる

・ローソク足だけでトレードできる力がつく

3.対象者

・基本が身についていない人

・どうすれば上達するかわからない人

・トレードに自信がない人

4.主に身につくこと

・ローソク足だけでトレンド判断ができる
・ローソク足だけでエントリーや決済ができる
・サポートライン、レジスタンスラインを引くことができる
・レンジ相場とトレンド相場の区別ができる
・トレンドが出る前から把握しトレード準備ができる
・調整のブレイクがわかる
・フィボナッチでダマシを減らすエントリーができる
・フィボナッチで強いサポレジや利益目標がわかる
・波動カウントが上達する
・波動を見てトレードができる

5.基礎から応用へと進むことが大事(動画)


※動画のダウンロードはこちらを右クリックして保存

なぜうまくできないのか?

エリオット波動が難しいという場合。

たいていの場合、波動の前に、基礎が不十分なことがあります。

例えば、あくまで私の感覚ですが、次のような習得ステップが考えられます。

・ダウ理論でのトレンド判断…小学校
・様々なトレンドフォローの手法…中学校
・デイトレなど短期トレード…高校
・エリオット波動でのトレード…大学

小学校の勉強ができていないのに、
中学校や高校の勉強をしても難しくてついていけないと思います。

授業がだんだん難しくなって、困ってしまった経験や
成績が落ちたりやる気がなくなったりした経験があなたにもあると思います。

前の段階ができていないと、次の段階へ進んでもうまくいきにくいからです。

FXも同じで、いきなり難しいことをしようとするほど、
うまくできず、負けやすいため、やる気がなくなって挫折しやすいです。

重要な質問

例えば次のようなことはできるでしょうか。

・ダウ理論の高値安値を見て、トレンド判断はできるかどうか
・調整中の相場とトレンド相場の判断ができるかどうか
・調整をブレイクしたことが判断できるかどうか

エリオット波動でカウントができるためには。

「調整やトレンドが何回おきたか」を見る必要がありますので、
調整とトレンドの区別ができないと、カウントもできない可能性が高くなります。

トレンドがどこまで続いているのか判断することが難しいからです。

FX原理原則の講座も、基礎である「ダウ理論のトレンド編」、
応用である「エリオット波動の波動編」とわかれています。

基礎から土台を作っていかないと、いきなり応用をやってもうまくいきにくいからです。

どんな教材をやってもうまくいかないときこそ、
基礎基本からやっていくことをおすすめします。

急がばまわれ

今回の練習編では、基礎の土台からしっかりと作っていくことを
目的
としています。

登山でも、早く登ろうとするほど、坂道が急になり、進むのが困難になります。

急な坂道ではなくとも、成功する方法はあります。
1歩1歩、確実に進んでいくことで頂上にたどり着けます。

もし、トレードがうまくいかず悩んでいるのであれば。
基礎から着実に力をつけていくことで、結果を出すことができると考えます。

6.パスワード

FX原理原則と共通です。

FX原理原則のパスワードを入れてご覧ください。

セット教材

トレード基礎講座
パーフェクトダウ
インジケーター、特典一覧

1.はじめに

2.練習内容

3.ダウ理論の練習

4.調整ブレイク判断の練習

5.トレードテクニックの練習

6.エリオット波動の練習

7.挫折せず、結果を出すために

お問い合わせ