困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

裏切るより裏切られた方がいい

人を信じるって難しいです。

信じていて裏切られたときのショックははかりしれない。

それでも、私は人を信じたいです。

裏切るより裏切られた方がいい

約束の時間に遅れたとき、

「電車が遅れて」と言い訳することがあります。

 

自分に都合がいいように嘘をつくわけですが、

普段から気軽に嘘ばかりついていると、

後でとんでもないしっぺ返しが来ることがあります。

 

あなたは人に裏切られたことがありますか?

心から信じていた人に。

 

私はあります。

 

裏切られたとわかったときは本当にショックで、

一睡もできませんでした。

 

現実に起こっていることが信じられませんでした。

 

裏切っているのは自分自身だということ

人を裏切ることと裏切られること、どっちがいいでしょうか?

 

まぁ、どちらもあまり経験したくないですが、

私は裏切るくらいなら裏切られた方がいいです。

 

なぜなら、人を裏切るということは、

自分自身をも裏切っているからです。

 

平気で嘘をつく人ほど、裏切っているという罪の意識は低いでしょう。

ばれなければいいと思っているかもしれません。

 

でも、自分自身に嘘はつけません。

体の中は罪でむしばまれていきます。

 

そして、裏切りに裏切りを重ね、それがばれて、

本当に大切なものを失ってしまったときに

初めて人を裏切るということがどういうことか知るのです。

 

「取り返しのつかないことをしてしまった」

起こってからでは遅いです。

 

嘘は必ず自分に悪い結果をもたらします。

嘘をつくのはやめましょう。

自分自身を裏切ることは、必ず不幸をひきよせます。

 

相手に嘘をつく度に。

自分で自分の中に。

毒を1滴ずつたらしているかもしれませんよ。

 

関連記事

    • ひかる
    • 2012年 6月 21日

    横田さん…よくわかります。

  1. DAI
    • 横田とういち
    • 2012年 6月 21日

    ひかるさん、お久しぶりです。

    実は、裏切られまして・・・。

    今、結構きてます。

    が、なんとかやっていくしかないですね。

  2. DAI
    • 横田とういち
    • 2012年 6月 25日

    ひかるさん、メールありがとうございました。

    嬉しかったです。

     

    返信したのですが、エラーで戻ってきたので、

    届いてないと思い、こちらにも書かせてもらいました。

    アドレスの打ち間違いか、携帯メールだからかなと思います。

    よかったらまたメールください。

    ではでは。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー