困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

「生きているうちに生きている彼らに会えた」

一緒にライブに行った相手が
大好きなバンドにそう言ったんですね。

確かに活動している間に
生で見れるというのは
すごく貴重なことかもしれません。

あなたには心から会いたい人はいますか?

まずは1人、あなたが今、
心から会いたいと思う人を思い浮かべて
続きを見てください。

『隠れたあなたの良さ』
今日、見つけることができます。

会いたい気持ち

本当に大好きな人、尊敬する人には
一度でいいから会ってみたい
思うものです。

そうはいっても会う機会というのは
正直ないですよね。

例えばライブも、自分が住んでいる近くで
やってくれるわけではありません。

それに1人で行く勇気というのも
なかなかないかもしれません。

生で会う意味

1番大事なことは、
ここでいう会いたい人とは
ただ会いたい人ではないということです。

『生きている間に絶対に会いたい人』
のことをいいます。

ライブも何となく見たいバンドじゃないんですね。

アルバムも全部買って、毎日聴いていて
本当に大好きな人なんです。

愛しているんです。

本当に会いたい人だったら
1度会えたら感動ですし、
また会いたいと思えます。

生きる力を与えてくれます。

ライブではリアルでしか味わえない
メッセージが伝わってきて心がうたれました。

自分の中の隠れた自分

非常に重要なポイントは
本当に会いたい人は
”自分自身”
だということです。

なぜなら自分にまったく関係のない人は
気にもとめないからです。

会いたい人が持っているものが
実は自分の中にもあり
それが開花するのを望んでいるんですね。

自分も同じものを持っているんです。

その人に惹かれる理由こそが
あなたの中に眠っている自身の良さ
なのです。

可能性をひめているんです。

だから人生において重要なんです。

本当に会いたい人がいるということは
”自分が目指している何か”
そこにあるということです。

機会は必ず生まれる

大事なことは、会えるかどうかは
普段どれだけ意識しているかで
決まる
ということです。

私はオリコン1位をとった
音楽プロデューサーと出会えました。

それは心の中でそういう凄い人に
出会いたいと思っていたからです。

とんでもなく大きな影響を
自分の人生に与えてくれました。

会えないのは、自分が会えないと
決めているから
です。

会えないのではなく、
会えないと決めつけているだけなんですね。

あなたの人生に本当に重要な人であれば
会いたいと思っていれば必ず会えます。

具体的なステップ

会いたい人に会う機会を作る手順は
次の通りです。

1.絶対に会いたい人を3人あげる

2.なぜ会いたいのか理由を書く

3.会いたい人の良さを3つずつあげる
  (それがあなた自身の隠れた良さ)

4.会わないことによって
  どんなデメリットがあるか書く

5.実際に会うことでどんなメリットがあるか
  自分の人生がどう変わるか書く

6.どうやって会う機会があるか
  インターネットなどで調べる

7.会うことを普段の目標に組み入れ、
  毎日意識して過ごす

あなたの人生に必要な人であれば
必ず会う機会がやってきます。

チャンスを見逃さないようにしてください。

今しか会えない人

本当に会いたい人というのは
実はそんなにはいないのではないかと思います。

会ってみたい人はたくさんいるけど
絶対にという人は少ないですよね。

芸能人に会いたいとか
そういうのと違います。

だからこそ会う価値があります。

今しか会えないから価値があるんですね。

生きるパワーをもらったり
生きる意味に気づくきっかけを
与えてくれたりします。

亡くなってしまってからでは遅いのです。

今チャンスがあるなら
今チャンスをつかまなければなりません。

必ず会える

私自身、本当に会いたい人には
何時間もかけて会いに行きました。

また会いたいと思いますし、
大好きな人なら次にまた会えるよう
がんばろうと思えます。

毎日がんばる力を与えてくれます。

そして尊敬する人であれば
自分もそうなりたいと努力し続ける
力にもなります。

本質的には、本当に会いたい人は
あなた自身を表しています。

その人の良い部分はあなたの良い部分です。

新しいあなたを発見する機会でもあるのです。

あなたには絶対に会いたい人はいますか?

まずは
「本当に会いたい人は誰?」

この問いかけを自分にするとよいです。

あなたの隠された良さに
気づくことができます。

そして、毎日意識して過ごせば
必ず会えます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。