トレードが10倍楽になる基礎講座

menu

FX原理原則

■ お知らせ     ※過去のお知らせ一覧はこちら
・220904【お願い】教材の一部やインジを横流しした報告がありました。絶対にやめてください。

【インタビュー】自ら成功を遠ざけている人のある特徴

世の中には2種類の人間がいます。

・成功を引き寄せる人

そして

・成功を遠ざける人

なんと、あることをしていると…

自分でも気づかないうちに。

勝手に成功から離れているというのです。

両者の違いをインタビューしました。

今日のポイント

・成功を遠ざける人の特徴

1.成功をひきつける女性

13293-1

職場でみんなから愛され。

上司からは信頼され。

後輩からは頼りにされる。

そんな素晴らしい女性は
いつもこう言っていました。

「私は本当にバカなんです。
この前もこんな失敗をして…」

ときにはこんなことも言っていました。

「あぁ、私には難しくてわからないわ。
誰かわかる人いないかしら」

なぜ彼女は成功をひきつけるのでしょう?

2.直接きいてみました

13293-2

私「どうしてそんなに仕事ができるんですか?」

彼女「私なんてぜんぜんよ」

私「でもまわりから見たらすごくできる人に見えるんです」

彼女「うーん。そうかしら」

私「何か大事なことってありますか?」

彼女「そうね。他人のせいにしないことね」

私「というと?」

彼女「最初はたくさん失敗したわ。
その失敗の責任を他におしつけないこと」

私「失敗の責任ですか?」

彼女「そう。例えば仕事が上手くいかないとき。
教えてくれた人が悪いとか、景気が悪いからとか」

私「なるほど。何かのせいにするということですね」

彼女「そうよ。だって1番楽だもの。
でも私はそうしなかった」

私「どうしたんですか?」

彼女「責任は全部自分にあると考えたの。
だから失敗する度に、どうすれば上手くやれるか考えたわ」

私「すごく大変じゃないですか?」

彼女「すごく大変だったわ。
でもそれがあったから、
他の人の気持ちがわかるようになったわ」

私「他の人の気持ちですか?」

彼女「そう。例えばもしあなたが、
失敗はあなたのせいと責任を押し付けられたら。
どんな気持ちになる?」

私「すごくつらいですね」

彼女「そうでしょ。だから言葉1つとっても
責任は自分にあるのね。自分がどんなことを言い、
どんな行動をするか。結果はすべて自分に責任があるの」

私「なるほど。原因と結果の法則ですね。
じゃあ例えば他の人のせいにばかりしている人は
自ら失敗の道に進んでいるということですか?」

彼女「そう言えるかもしれないわね。
でも私が他の人のせいにしないのは
自分のためなのよ」

私「どういうことです?」

彼女「例えば仕事が上手くいかないとき。
自分が悪いから上手くいかないわけよね?」

私「はい」

彼女「だからすぐに人に頼るのよ」

私「困ったときは人に頼る?」

彼女「そう。自分にはできないことがある。
素直に自分ができないことを認めて、
できる人にきくの」

私「責任は自分にあると認めたから、
素直に聞くことができると?」

彼女「そうよ。もし誰かのせいにしてしまったら。
それはすごく楽なことよ。
でも結局は何も解決しないまま、
また同じことで困ることになるわ。
だったら自分の失敗を認めて、
わかる人を頼ればいいのよ。
結局はそれが1番自分にとってプラスになるわ」

私「確かに、多くの人は自分の失敗を認めなかったり、
隠したりして。結局うまくいかないまま、
ずっと文句を言ってたりしますよね」

彼女「自分のできないことや失敗を
他の人に知られるのは恥ずかしいわ。
でも隠さないことが1番自分のためになるの」

私「なるほど。そういえばみんな隠しますよね。
だけど隠すほど上手くいかないわけだ」

彼女「そう。自分が1番楽するために
他の人のせいにしないことが大事だと思うわ」


私よりも20歳以上年上の方でしたが、
私もそうなりたいと思える理想でした。

外に自分の弱さを発信し続けているような方です。

なかなかできることではないですけど、
弱さをさらけ出すことができる人が本当に強い人なのかもしれません。

まとめ

成功をひきつけるには

・他の人のせいにしないこと

まずは自分にできないことは
素直にできないと認め。

できる人を頼るようにしてみましょう。

変にプライドを持ってよく見せようと思うほど
成功は遠ざかっていくかもしれませんね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

セット教材

パーフェクトダウ
練習編
QA
インジケーター、特典一覧
スペシャルコンテンツ

1.はじめに

2.トレンド編

※次の「負けの原因と改善策」の項目は
 必要なときに見てください。
Q&A」も参考に。

3.波動編

4.トレード編

5.実践編

6.トレード例

7.参考

8.Q&A

お問い合わせ