困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『君が輝く最高の君へ』

人生はなぜしょっぱい?苦しみを克服する方法

「何で人生が上手くいかないのか」

痛いですよね?

苦しくて、つらいことも多いです。


私もそうでした。

ちょっと前までは。


だけど、今はいっさい痛みも苦しみも
感じません。

毎日、毎日、毎日、

「おっしゃー、ラッキー!!!」

と元気です(笑)


なぜだと思いますか?

痛みを感じる人のパターン

人が苦しみを感じるときというのは、
パターンがあります。

決まっています。


痛みを感じるのは、次の2つのニーズを
1番に考えている人です。

 ・安定

 ・自己重要感

安定に生活したいという思いや、
価値のある存在だと思われたい、
まわりからよく見られたいという思いのことです。


ほとんどの人は、この2つのニーズに
焦点を合わせています。

実際は、人生が苦しいのではないのです。

「苦しくなる部分に自分で焦点を
合わせていることに気づいていない」

というのが真実です。


ニーズというのはバランスです。

どこかに執着しては、
バランスがくずれます。


例えば、仕事を選ぶとき、
安定かどうかを基準にするでしょう。

しかし、絶対的に安定な仕事など
この世界にはありません。


そして、安定を求めるのであれば、
その代償として、自分の価値を
提供しなければなりません。

だけれども、今の時代は、
安定に重きを置きすぎているため、
与えることよりも、もらうことの方に
意識が強くいっています。


仕事を探すときも、自分が何ができるかよりも、
相手からどれだけ多くもらえるかが
基準になっています。

つまり、安定ですよね?


だから、苦しいということに
大多数が気づいていないわけです。

人生が豊かになるニーズとは

焦点を合わせなければならないのは、
安定と自己重要感ではないのです。

焦点を合わせないといけないのは、
成長貢献のニーズです。

これは、安定や自己重要感のニーズよりも
上にきます。


なぜなら、成長と貢献、
つまり、与えることに焦点を当てていけば、

その対価として、安定も、自己重要感も
満たされるからです。


成長と貢献の前に、安定と自己重要感を求めても、
手に入らないんです。

欲しい理想と、手に入らない現実との
ギャップを感じるから、苦しみが起こります。


よく考えてほしいと思います。


 ・今、何か苦しさや痛みを感じていたら、
  それはどこからくるものなのか?

 ・安定と自己重要感にフォーカスしなければ、
  その苦しみや痛みはどうなるのか?

 ・成長と貢献にフォーカスしたとき、
  それらはどうなるのか?


苦しみを克服したいなら、
ぜひ考えてみてください。

考えたら、

「おっしゃー、もう苦しむ必要はないぜ!!」

と叫んでください(笑)


だから人生が楽しくなるんです!!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー