困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『君が輝く最高の君へ』

楽天からレッドカード!自分を信頼できなければ、何も上手くいかない

楽天でよくあるのが
レビューを書いたら送料無料

「ふむふむ」と思って、米を買ってみました。

ポイントで買っているので、
買ったというかタダみたいなものです。


注文した次の日に届きました。

「はやっ!」


何だこの輝きは。

何だこの粒の大きさは。


見事な米です!


そして、味は?


「うーーまーーいーーぞーー!」


何ということでしょう。

お米がこんなに美味しいなんて。


私は田舎の人間ですから、
海の幸、山の幸、そして米には、
うるさくはないけど、味はわかる人間です。

そんな私にうまいと言わせるとは、
なかなかやるな。

感動だ!

ありがとう!!

 

というのが、1ヶ月前

 

レビューを書いたら送料無料だったのに、

私はレビューを書くことを

すっかり忘れてしまっていたのです。

 

もう1回注文しようと思ったら、

”レビュー書け”と赤く光っているじゃありませんか。


そういえばそうだった!

完全に忘れていました。

 

これって、すごく大事なことだと思ったんです。

約束は絶対

何が言いたいかというと、
約束は絶対だということです。

「レビューを書く」と約束したら、
絶対に書かないといけません。

何がなんでも。


なぜなら、もし、

「別に書かなくてもいいでしょ」と

ほったらかしにしたら、

絶対に自分も同じ目に会うからです。


相手からの信頼を失い、

「あんたなんてどうでもいいでしょ」と

思われてしまうわけですね。


だって、自分自身が「別にいいでしょ」と
思ってしまう程度の人間ですから、

まわりから見ても、「別にいいでしょ」と
思われてしまうのは当然のことです。

自分への信頼がもっとも重要

遅くなってもいいんです。

一度した約束は
絶対に守った方がいいです。


それは、まわりから低い評価をされるだけで
終わらないんですね。


『自分で自分が信頼できない』ことが

もっとも、もっともリスクがあります。

そういう行ないが積もり積もって、
自分という人間を作っていきます。


自分を信頼できなければ、
何も上手くいくはずがありません。

自分が信じられないわけですから。

実は自分のことだった

「あの人は信頼できないよ」
誰かのことを思うことがあるかもしれません。

でも、実は、それは”自分自身”に対しても同じだったんですね。

自分への評価はどうしても甘くなりがちです。


ですが、よくよく考えると、

「わー、自分は最低だった」と気づいたわけです。


そんな人が何か成し遂げられるとは思えないですね。

まぁ、自分のことなんですけど…。

自分への信頼からすべてが始まる

今回のことで、
私は、自分で自分を誇れる人間にならないと
いけないと反省しました。


約束が守れないというのは、

相手からの評価が下がるだけでなく、

自分が信頼できず、

本来できることもできなくなり、

自分の人生そのものを

上手くいかなくしているという事実を

しっかり胸に刻んでおかなければと思った次第です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー