困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『君が輝く最高の君へ』

メールのお礼を言わない人は非常識?

ビジネスでは特にそうですが、
メールというのは、

『一往復半』

が基本です。


例えば、

(自分)わからないことを質問

(相手)質問に対して回答

(自分)お礼

というように、
一往復半が1セットです。


もちろん、これは基本ですから、
内容や状況によっては、

一往復で済んだり、
何往復もしたりすることもあります。


だけど、

基本は『一往復半』です。


これは絶対と思っておいた方がいいです。


なぜなら、

『お礼ができない人は一般常識がない』

と思われても仕方がないからです。


例えば、ものすごく忙しい上司に、
どうしてもわからないことがあって
メールで質問したとします。

上司も、忙しい合間をぬって、
メールで質問に答えてくれました。


そこでお礼はしなくてもいいのか?
ということです。

絶対に、絶対に、絶対にお礼は必要だと思います。


「お忙しい中、教えていただき、
ありがとうございました。」

とお礼をするのが普通ですよね。


逆の立場になって考えてみてください。


あなたは質問をもらって、答えました。

返事がなかったら、

 ・自分の答えで大丈夫だったかな?

 ・メールはちゃんと届いたのかな?

と心配になりませんか?


人によっては、

「忙しい中教えてやったのに、

お礼もできないとはけしからんやつだ!」

と怒る人もいます。


まぁ、私は、怒りはしませんが、
ちゃんと届いたのかなと心配はします。

あと、「ちょっと常識がない人だな」と思うこともあります。


「常識がない人だな」という意味は、

”お礼をしないことで、
相手から悪く思われることもあるから、
損をしているな”

という意味です。


経験上、お礼を言う人と、
言わない人で完全にわかれます。

そして、しっかりと教えたいと思うのは、

きちんとお礼を言ってくれる人です。


例えば、旅行に行って、知り合いにお土産を
がんばって選んで買ってきたけど、

何のお礼もなかったら、
次も買ってこようとは思わない
ですよね。

一般常識がある人とない人だったら、
常識がある人と付き合いたいと思うのは、
普通のことだと思います。


きちんとやり取りができることは、
信頼にもつながります。

仕事でも、プライベートでも。

 

これは責めているわけではなくて、
気をつけた方がいいと言っているだけです。

なぜなら、お礼を、日常的にはできても、

メールになるとできない人が大半だからです。


それだけ、メールはマナーを忘れがちだということです。

質問して答えてもらって当然という態度は、
おかしいわけです。


「もし、お礼をしなかったら、
相手はどう思うだろうか?」

そんなことを、私はいつも考えています。


ぜひ、メールでも、『相手の立場』になって、
やり取りができるようになってほしいと思います。

当たり前のことを当たり前にできるのが、
やっぱりかっこいいです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー