困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

目標が達成できない人がやっていないこと

結果を出すためには

『絶対に諦めないこと』

が重要ですよね。

「わかっているけど
途中でやめてしまう」

私もそうです。

本当は挫折せずに続けて
結果を出したのに…。

諦めるにはまだ早いです。

今日は結果を出すために
何をすればよいか
お話しします。

今日のポイント

・結果を出し目標達成できるようになる

諦める瞬間

目標が達成できずに諦めるときは
たいてい何かのせいにしていると思います。

例えば

・方法が悪かった
・自分には無理だった
・お金や時間がなかった

など

いろいろ理由はつけるのですが
1番の原因が『行動不足』です。

とにかく1点集中で
大量に行動する
必要があります。

達成できないと気づいたとき

締切りが近づき
目標達成があやうくなってきたとき。

あせりますよね。

具体的にどうすればよいか
例をあげて説明します。

締切り2ヶ月前

「本当に大丈夫かな」と感じてきたとき、
まずやることは

1.知識を大量にインプットする

結果が出ないときは
何かに失敗してつまずいています。

多くの場合、原因は知識不足です。

例えば数学の問題も
習ったところまでしか解けませんよね?

今と同じ状態では
問題は解決できません。

大量に知識をインプットする必要があります。

例えば本屋で関連の書籍を5冊読む。

解決できそうな教材を10個買う。

そうやって知識をつめこみます。

1段階高いレベルで考えることで
解決の糸口をつかむことができます。

締切り1ヶ月前

ちょっとヤバいかなと感じ始めます。

2.相談する

・何が問題なのか
・どうすれば乗り越えられるのか

わかる人にききます。

それで解決したらOKです。

聞く前に失敗を繰り返している
必要があります。

ある程度経験を積んでいるほど
解決する確率が高まる
からです。

ちょっとしたヒントで
問題を突破できる可能性が高くなります。

締切り2週間前

本格的にヤバいと感じ始めます。

3.あらゆる方法をためす

知識で得たこと、わかる人にきいたことなど

情報を集大成して
いろんな方法を試します。

例えばセールスなら

・広告もPPCもチラシも
 メルマガも電話もFAXも
 あらゆる手段を使って成約をとる
・売れない理由をお客様に直接きく
・最終手段として家族や友人に頼る

例えばFXなら
・ヒントがないか教材を買いまくる
・基本に戻って理論に忠実に実践する
・過去のチャート検証を徹底的にやる

など。

締切りまでに
何としてでも結果を出さねばなりません。

あらゆる手段を使って取り組みます。

まとめ

諦めずに結果を出すには

・できることは全部やる

知識をつめこみ、
解決策を相談し、
あらゆる方法を試します。

全部やるわけですね。

大変ですが結果が出れば
やってよかったと思えます。

あなたもいつまでも結果が出ないより
結果が出た方が嬉しいですよね?

まずは足りない知識を入れるために
本を買って読んだり
教材を買って勉強したりしてみてください。

1個だけじゃなくて何個か見ると、
ヒントが見いだせます。

もしかしたら”あと一歩”で
結果が出るところまで
きているかもしれない
ですしね。

必ず結果は出せます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。