困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『君が輝く最高の君へ』

FX-Jinさんという5000万円を
脱税した人がいるんですが

JinさんはFXで結果が出せるまで

”1日中チャートを指でなぞっていた”

そうです。

指でなぞるだけで結果が出ると
思いますか?

「バカじゃないの」と思いました。

今日のポイント

・やる気を出すために重要なものを知り
 モチベーションを高め結果が出せる

なぜ指でなぞるのか?

理由の1つは「鉄板パターン」
頭に叩き込むためです。

「ここでエントリーして
ここで決済」
というパターンを
体で覚えるわけですね。

だけど…

はっきりいって面白くない

想像してください。

相場をプリントアウトして
指でなぞっている姿を。

何の面白味もないですよね。

「指でなぞるだけで
勝てるようになるわけがない」

そう思って私はやりませんでした。

そして別のことに
一生懸命になりました。

夢中になるきっかけ

最近「鉄板パターン」
作ることに夢中になっています。

こういうときは勝てるというのを
自分で作るのは本当に面白いです。

ただなかなか上手くいきません。

何回も

何回も

何回もチャートを見直し
過去検証を繰り返します。

そこで気づいたんですね。

これはJinさんの過去チャートを
指でなぞるのと同じだと。

なぜ面白いのか?

一生懸命できる理由は

『結果が出るから』

具体的には

1.「何のためにやっているのか?」
  目的が明確である。

2.「どう結果につながるのか?」
  メリットが明らかである。

目的と結果がはっきりしているから
やる気が出ます。

一生懸命取り組める理由は
”結果につながるから”です。

なぜできなかったのか?

チャートを指でなぞることが
できなかったのは

「結果につながることが
信じられなかった」
からです。

具体的には

・目的と結果が
 結びついていなかった

目的は鉄板パターンを覚えることと
わかっていました。

でも

・指でなぞって覚えられるとは
 思えなかった

だから

・指でなぞることが結果につながると
 信じることができなかった

それで実践できなかったのです。

行動に移すためには

行動すれば確実に結果が得られると
確信が持てること
が重要です。

確信を持つには

・結果が出ることを体験すること

が手っ取り早いです。

具体的には

『小さな目標』を立て、
達成することです。

実際に体験して初めて
やる気につながります。

頭で考えているだけでは
確信が持てない
からです。

具体的には

例えば投資では

・鉄板パターンが勝てることを
 体験すること

が大切といえます。

指でなぞる前に「鉄板パターンが勝てる」
信じることができていないから
やる気が出ませんでした。

信じていないのに
指でなぞっても何の意味もありません。

結果につながることを
少しでも体験してからでないと
本気で取り組むことはできません。

だから鉄板パターンを
自分で作るようになって
初めてやる気が出たんですね。

鉄板パターンは勝てるとわかったので
過去チャートをしっかり見ようと
気が変わったのです。

大事なのは結果が出ることを
体験すること
です。

やる気に火をつけるには

結果が出ると確信が持てることが
重要でしたね。

例えば他にも

・コピーライティングをただ勉強するだけでなく
 まずはほんの少しでもセールスやブログに生かし
 結果が出ると確信を持ってから取り組む

・ピアノをただ練習するのではなく
 少しでも曲が弾けたら誰かに聴いてもらい
 自分が認められる体験をしてから取り組む

・英語をただ勉強するのではなく
 誰かと実際に話しをしてみて
 通じる喜びを感じてから取り組む

今やっていることが結果につながると
実感できることが大切です。

具体的なステップ

モチベーションを高めるために

1.目的とメリットを明確にし
  紙に書き出す

2.目的を達成する方法について
  具体的な手順を書き出す

3.『小さな目標』を設定する

4.小さな目標を達成する

5.やる気が出たところで
  本格的に実践していく

具体例

1.目的…1ヶ月で鉄板パターンをマスターし
     1日1万円、FXで勝てるようになる

2.方法…鉄板パターンを指でなぞったり
     過去検証を行ったりする

3.小さな目標…デモトレードで鉄板パターンで
        3回勝つ

4.3回勝てたら鉄板パターンが有効だと実感できる

5.鉄板パターンを頭に叩き込むために
  過去検証やデモトレードを繰り返す

モチベーションが高まったところで
さらに実践と勉強を積み重ねていきます。

まとめ

やる気に火をつけるためには

・まず『小さな目標』を立て、
 小さな結果を出す

確実に結果につながることを実感してから
本格的に取り組むことがコツです。

嫌々取り組んでも成果にはつながりません。

結果が出る喜びを実際に体験することで
やる気が出ます。

まずは目的とメリットを明らかにし、
小さな目標を決め
小さな結果が得られることを実感しましょう。

やる気に火がつけば
小さな結果をはすぐに大きな結果へと
つながります。

あなたの夢が実現するのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー