通貨強弱の基本が学べる入門編

menu

通貨強弱で利益を得る『ドルスキャFX-入門編-』

※このブログは「入門編」です。「ドルスキャFX」に付属の教材です。

【レンジ判断】DAI_DSB-Range-checker

レンジを教えてくれるインジケーターです。

1.概要

エントリー判断の目安として。

「レンジ」と「上昇、下落」の判断を行います。

相場の勢いが弱いときを避け、
強いトレンドが起きているときにエントリーできます。

2.インジケーターの見方

・青丸「上昇傾向」にあります。買いOKサインです。

・赤丸「下落傾向」にあります。売りOKサインです。

・黄色…トレンドが弱まっています。「レンジ気味の状態」です。
    トレンドがかわりやすく注意が必要です。様子見が無難です。

・バツ「レンジ」です。完全に勢いがない状態です。
    見送りが無難なサインです。

3.注意点

サインはローソク足が確定するまではリペイントします。

レンジ判断に通貨強弱を用いています。
通貨の強弱はリアルタイムで変化します。

したがって、トレードOKサインが出た後、
勢いが強まったり弱まったりすると
サインが変化する可能性があります。

例えばトレンドが弱まれば青サインが
レンジ気味の黄色サインになることもあります。

レンジチェッカーだけで判断するのではなく
通貨強弱のインジケーターなど
他のインジケーターやチャートもあわせて見る
と効果的です。

例えばドル円をトレードするとき。

DAI-chartで「ドルや円がしっかりと売買されているとき」
青サインが出ていたら買いエントリーするなど。

複数の情報で総合的に判断することが大切です。

4.設定

・TF1…チャートの時間足を設定(デフォルト…5)
・TF2…1つ上の時間足などを指定(デフォルト…15)

現在の時間足と上位足の2つの時間足を設定することで
トレード判定の精度を高めています。

まとめ

・エントリー判断の目安

・レンジと上昇、下落を判定

・黄色はレンジ気味で注意、白バツはレンジで見送りが無難

まずは青や赤のトレードOKサインが出ているときに
エントリーを考えるとよいです。

ドルスキャFX 応用編
ドルスキャFX シナリオ編
ドルスキャFX 基礎編
インジケーター一覧

1.はじめに

2.5つのポイント

3.準備

4.トレード手順

5.テンプレート解説

6.インジケーター解説

7.特典

教材ダウンロード