通貨強弱の基本が学べる入門編

menu

通貨強弱で利益を得る『ドルスキャFX-入門編-』

※このブログは「入門編」です。「ドルスキャFX」に付属の教材です。

【サイン】DAI_DSB-Entry-Sign(USDJPY)

買いと売りのチャンスを教えてくれるサインツールです。

1.概要

エントリー判断の目安となるサインツールです。

通貨強弱トレンドでエントリー判断をしています。

2.サインの見方

・買いサイン…ライム
・売りサイン…マゼンタ

3.注意点

注意点が2つあります。

ドル円専用

ドルと円の強弱差が強まったときにサインが出ます。

ドル円専用のサインとなります。

ドル円以外には使えないので注意が必要です。

リペイントについて

サインはチャンスを逃さないようにリペイントします。

矢印が出た後、条件を外れるとサインが消えることがあります。

リペイントについては『リペイントするサインは悪いという誤解』を参考に。
なぜリペイントさせているのか理解するとよいです。

そしてサインが出ているからエントリーするのではなく。

しっかりとエントリーができる良い相場環境なのかどうかを
判断してエントリーすることが重要
です。

サインがなくてもエントリーできるように

あくまでエントリーサインは目安です。

したがってサインだけで判断するのではなく。

DAI_DSB-chart(USDJPY)」や「DAI_DSB-Range-cheker」を参考に

・ドルと円の通貨強弱が良い状態か
・レンジになっていないか

などを確認してエントリーすることが大事です。

通貨強弱やトレンドが良い条件を満たしていたら
サインがなくてもエントリーできるようになると理想です。

4.設定

・PopAlert…アラートのオンオフ
・Email…メールのオンオフ

・TF1…チャートの時間足を設定(デフォルト…5)
・TF2…1つ上の時間足などを指定(デフォルト…15)

チャートの時間足と上位足の2つの時間足を見ることで
サイン精度を高めています。

まとめ

・エントリー判断の目安

・通貨強弱とトレンドが強まったときにサイン

・他のインジケーターとも併用し単独で判断しないこと

まずはサインが出たら通貨強弱やトレンドを確認し
良い条件を満たしているときにエントリーを考えるとよいです。

ドルスキャFX 応用編
ドルスキャFX シナリオ編
ドルスキャFX 基礎編
インジケーター一覧

1.はじめに

2.5つのポイント

3.準備

4.トレード手順

5.テンプレート解説

6.インジケーター解説

7.特典

教材ダウンロード