困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

現状を脱出するには

現状を脱出したいと思うことは多いと思います。

 

そんなとき意識するとよい視点は、

自分よりも高い立場にいる人の視点です。

 

まずは遠くの人より、身近な人から学びましょう。

今日からできることをやるから、未来は変わっていきます。

 

 

まわりから見ると、私は能力があるから成功したように見えるようですが、

実際は違います。

 

その秘密は、裏でこっそり努力していたからなんです。

 

問題は、どのように努力していたかですよね。

 

実は、私は飲み会というのが大っ嫌いでした。

 

お酒が飲めないこともありますが、それよりもみんなで集まって、

自分より立場の上の人に気をつかったり、愚痴をきいたりとか、

まったくもって意味がないと思いました。

 

「あの人、本当つかえないし、余計な仕事増やすよね~」とか、

誰かの悪口をきいていることが苦痛で仕方なかったです。

 

だって、そんなこと言っても、何の意味もないです。

自分の評価を下げるだけです。

 

飲み会がなかったら、どんなに世の中が平和かと思っていました(笑)

 

起業独立したのも、そんなくだらない飲み会に

参加しなくてもよい環境に行くためという理由もあったくらいです。

 

 

そんな自分にも、絶対にまわってくるのが幹事です。

 

幹事として、お店を予約したり、

出欠を取ったり、あるときは余興まで考えたりと、

それはそれは大変な作業です。

 

でも、それは避けられないわけです。

 

だったら、最初から覚悟を決めて、

「盗めるだけ盗もう」と思ったわけです。

 

何を盗むって、上手に幹事をやっている人のやり方です。

 

いかに効率よく事務的な作業をこなし、

本番でも、どうやって場を盛り上げるのか。

 

どのように仕切って気を使えば、みんなが楽しくできるのか。

 

 

幹事をやる前に、幹事をやっている人を観察したり、話をきいたりして、

自分が同じことをできるように

すべて相手の立場に立って物事を考えるのです。

 

だから、いざ幹事になったとしても、上手く仕事をこなすことができました。

 

 

これは仕事でもまったく同じです。

 

私は最初に社会に出たときから、常に相手の立場に立って物事がこなせるよう、

自分より立場が上の人がやっていることを常に自分ができるように考えていました。

 

 ・何をしているのか

 ・どうやって仕事をこなしているのか

 ・どのように部下に指示を出しているのか

 ・どんな言葉づかいをし気配りをしているか

 ・怒ったり、指導するときはどうやるのか

 

 

上司の話をきいたり、指示を受けたり、

仕事を教えてもらったときや普段社内でのふるまい方まで。

 

自分の仕事の内容だけを知るのではなく、

逆に自分が教える立場になったらどうするのかを常に考えていました。

 

いつもです。

 

会社に入ったときから、ずっとそんなことばかり考えていました。

なぜなら、いずれ必ず自分はそういう立場に立つときが来るからです。

 

だったら、最初から、その立場になって

いつでもできる状態にしておくことが大切です。

 

私はいつでも上司になれるように

最初から準備していたわけです。

 

だから、自然と、誰よりも仕事ができるようになり、

若いのになぜかまわりから見ると大物の

オーラをはなっているようになったのだと思います。

 

 

それは、決して私に能力があったのではなく、

常に上の立場になったときを考えて、考え方や仕事の内容をこっそり盗んで、

自分もできるようにシミュレーションしていたからです。

 

 

セミナーや講演を受けるときも一緒です。

 

いずれ自分もそういう立場になるのだから、

例えセミナーを受ける立場だとしても、そこで内容を勉強するだけでなく、

話す側として自分が同じことをできるかどうかを考えます。

 

そのとき自分より上の立場の人の模倣ができなければ、

その時点で、まだまだ実力が足りないということです。

だから、上には行けないわけです。

 

 

最初から全部を真似することはできません。

 

でも、もし、毎日少しでも自分より立場が上で、

自分よりも能力がある人ができることを努力して吸収していったら。

自分の仕事だけをしているよりも、より速い速度で仕事ができるし、出世できます。

 

 

学ぶことは仕事の内容だけではないです。

 

話し方とか、考え方とか、ふるまいとか、行動、決断力など、

参考にできるところは山ほどあります。

 

 

そうやって、私は2年後、5年後、10年後をみすえて、

初日から上の立場になることを想定して物事を考えていました。

 

仕事だけでなく、日常生活でも、

より理想の立場にいる人のことをよく見て、

自分にも同じことができるか考えていました。

 

常に相手の立場になってできるように

努力してきたわけです。

 

 

成功したいなら、遠くの人ではなく、

まずは身近な人から学ぶことです。

 

どんな人からでも学ぶことができます。

 

もし、現状を脱出したいのであれば、

脱出した後の自分の姿をイメージし、

必要なことを学んでいくとよいと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。