困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『僕が生きる意味』

締切りを守らない人が正解~100%の仕事をする秘訣~

思えば、私は子どものときから
人と同じことをするのが嫌でした。

保育園のとき、自由時間があって、
みんなで遊んだりするんですが、
私1人だけ違うことしてたりとか(笑)

何か、人と同じって、
つまらないなと思ってたんですね。


だけど、それは恐かったのかもしれません。

例えば、人と同じことをしたら、
必ず比べられるんですよ。


受験もそうですよね。

みんなが一緒の試験を受けて、
順番がつくんですよね。

私は劣等感の塊だったんで、
それが嫌で嫌でしょうがなかったです。


でも、社会で生きるということは、
絶対に比べられるんですよ。

上司や同僚に。

もう仕方ないなと思って。


どうせ比べられるんだから、
100%いい仕事をしようと。

100%ってどうやったらできるんだと。


だから、私は締切りを守ったことがないんです。


例えば、31日までにやってねと言われたら、
そんなの無視ですよ。

言われたその日に提出します。

しかも、95%くらいのできのものを。


どうしても自分の主観で作るから、
相手が気に入らない部分の
修正が必要なんですね。

締切り前に出して、修正を受ければ、
100%以上のものってできるんですよ。


だけど、締切り日に出したら、
その時点で95%止まり
なんですね。


自分がどれだけいいものを作っても、
評価するのは相手です。

じゃあ、相手からのフィードバックを受けて、
相手が喜ぶものを作ればいいじゃないですか。


みんなと一緒なことをしていたら、
普通に比べられるんですよ。

だったら、そのパターンをくずせばいいと。


比べられない次元で生きていればいいわけです。

それは、

『相手の枠組みの中で生きない』

ということですね。


もし、31日までと言われて、
31日までかかっていたら。

それは相手の枠組みの中で
生きているだけなんです。

だから、比べられるんですよ。


それをいい意味でくずせば、
相手の中で、自分は、
比べようがない存在になるわけです。

それは私が、人と同じことをするのが嫌で、
なおかつ強烈な劣等感があって、
人と比べられるのも嫌で
たどりついた結論かもしれません。

相手の枠組みの中で生きないということですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。