困難を情熱に変える具体的アプローチ

menu

人生の目的に気づく方法『君が輝く最高の君へ』

ブログで地元住民を成約させるには?

「前歯がない」

1年前、歯ぐきが腫れたとき、
歯医者は”前歯”を取ってしまいました。

今日のポイント

・地元住民が成約するブログの
 記事の書き方を知る

最悪な歯医者

想像してください。

ニコッと笑ったとき
前歯がなかったら。

間抜けですよね。

後からわかったことは
前歯を取らなくても治ったということです。

ところがヤブ医者にかかったおかげで

前歯をなくし

高額請求までされたのです。

そして悪夢が再び

「痛すぎる!!!」

歯ぐきの腫れが再発しました。

もう前のようにダメ医者にかからず
ちゃんとした歯医者に行きたいと
強く思いました。

歯医者を探すとき

あなたも虫歯になったら
歯医者に行くと思います。

できれば

「近所で1番の歯医者に行きたい」
思いますよね。

歯医者は当たりハズレが大きいです。

とにかくダメな歯医者には
ひっかからないようにしないといけません。

今回、念入りに下調べをしました。

まずは知識を身に付ける。

「歯ぐきの腫れの原因」
ちゃんと調べました。

めっちゃいいサイト発見!

腫れについて調べたら

「原因」から「解決策」まで
しっかり書かれている

”素晴らしいホームページ”

を発見しました。

そのページは実際に
歯医者さんが書いていました。

「うん。こういった歯医者に
診てもらいたい」

ところが

住所が兵庫県

「いやいや、遠すぎるでしょ」

めちゃくちゃいい歯医者なのに
近所ではなかったのです。

がっかりです…。

もしこんなに信頼できる歯医者が
近所にあったら絶対に行きますよね。

残念なことにそのホームページは
近所の人を成約するようには
書かれていなかった
のです。

成約に1番重要なこと

ホームページで実際にお店や病院に
来てもらうために1番重要なこと

それは

『商圏を狭める』

ことです。

インターネットができたことで
商圏が広がりました。

通販で日本中に売るのは当たり前。

ところが実店舗となると
話は別です。

日本中を相手にしても
成約できない
からです。

例えば

・コンビニだったら徒歩5分以内

・スーパーだったら車で10分以内

・ショッピングモールだったら
 車で30分以内

というように商圏は決まっています。

お店や病院も同じですね。

成約できる2つのポイント

地元住民に来てもらうには
2つのポイントがあります。

1.お客様の行動パターンの把握

2.ブログ記事で地域キーワードの設定

順番に説明します。

まずはお客様の行動パターンです。

お客様が最初にすること

まずは”詳細”を知ろうとします。

例えば

・病気の原因は?

・解決策は?

・1番いい商品は?

というように。

そして詳しいことがわかったら

・商品を売っているお店

・サービスを提供しているお店

を探します。

お客様の行動パターン

次のようになります。

1.解決策を探す

2.近くで解決できるお店を探す

したがってブログやホームページで
近所の人を呼びこむには

記事のタイトルや文章内に
 地域名を含めること

が必須になります。

成約できる記事とは?

ポイントは

『解決策を地域キーワードを含めて書いた記事』

です。

解決策だけをしっかり書いていても
ダメなのです。

商圏に入っていなければ

”ただの役立つサイト”

で終わってしまいます。

そうならないために
解決策に『地域キーワード』をからめて
記事を書く必要があります。

お客様の「検索パターン」

お客様は

1.解決策を探す

2.近くで解決できるお店を探す

という行動をとるんでしたね。

具体的には

検索エンジンで
次のように調べるお客様がいます。

1.悩みキーワードで検索

例)「歯ぐき 腫れ どうすればいい」

そして解決策がある程度わかったら

2.地域名+悩みキーワードで検索

例)「豊島区 歯ぐき 腫れ 治療」

もしたくさん検索され
絞りきれなかった場合は

3.地域名+悩みキーワード+評価キーワードで検索

例)「豊島区 歯ぐき 腫れ 治療 おすすめ」
  「豊島区 歯ぐき 腫れ 治療 評判がいい」

記事を書く前に、
実際にキーワードで調べてみて、
ライバルの数を確認するとよいです。

ライバルが多い場合は

・キーワードを増やす
・より詳細なキーワードに替える

ということをします。

例)「豊島区 歯ぐき 膿 治療 評判がいい」

歯ぐきの腫れよりもっとつっこんだ
というキーワードを使いました。

書くべき記事は

タイトルは

『地域名+悩みキーワード+評価キーワード』

を含めてタイトルを作ります。

例)「歯の膿の治療」で1番おすすめの豊島区の歯医者

記事内は

地域名を2,3回含めて記事を書きます。

検索キーワードは自然と文章内に
入ると思います。

念のため書き終わったときに
2,3回入っているか
確認するとよいです。

例)地域名…「豊島区千早」を2回程度入れる
  検索キーワード…「歯の膿の治療」を3回入れる

まとめ

近所の人を成約するホームページは

『地域名+悩みキーワード+評価キーワード』

を意識してタイトルや記事を書く。

せっかく役立つページを作っても
成約されなかったら意味がありません。

キーワードを意識して
売上げの上がるブログを作っていきましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー