利益が伸びやすい通貨ペア選択

menu

損小利大の通貨ペア『パーフェクトダウ』

※このブログは「パーフェクトダウ」(テンプレート&インジケーター)です。
 「FX原理原則」に付属の教材です。

注目の通貨ペア

目的

利益が伸びやすい可能性がある通貨ペアを表示します。

使い方

サインがついている通貨ペアで
押し目買い戻り売りをすると効果的です。

インジは機械的に判断していますので、必ず日足や4時間足など、
直接、チャートを見てトレンド確認をすることをおすすめします。

エントリー例(123パターンの場合)

基本的には、上位足で強いトレンドが起きていれば
トレンドフォロー系の手法であればどの方法も機能しやすいと思います。

日足や4時間足で強いトレンドが起きているときに
15分足で調整が入った後の反発を狙います。

例えばFX原理原則の3波でエントリーするなら。
調整が入り1時間足や4時間足の10EMAや20EMAまで戻し、
反転してきた最初の押し目や戻しでエントリーします。

インジは「DAI_ON_Best-Pairs-MA(通貨ペア選択、エントリー)」を使い、
15分足チャートで1時間足や4時間足のMAの帯を表示するとわかりやすいです。

4時間足の短期MAの帯から反転してきた最初の押し目が
15分足の3波を狙ったデイトレードになります。

帯でピンバーや包み足など反発のプライスアクションが見られる場合は
トレンド転換ポイントでピンポイントでエントリーすることもができますが。

次の画像のように、調整に入る前に高値を更新できていなかった場合。
(1時間足の短期MAの帯(黄緑のMA付近)で反発するも、高値を切り下げてしまった場合)
買い圧力が弱まっており帯を下抜けたり、下抜けてから反発したりすることがあります。
高値切り下げ以外に、ダブルトップやヘッドアンドショルダーもよく見られます。

トレンド転換ポイントでエントリーすることが難しい場合は
反発を確認してから押し目を待った方が安全です。

トレンドは市場時間に起きやすいので
時間帯を意識しながら調整後のトレンドを狙っていくとよいです。

インジの解説

・短期トレード用…「DAI_MA-Angle_Trend2
・中・長期トレード用…「DAI_PerfectDow_Trend

注目の通貨ペア

・上にいくほど新しい画像です。

・トレンドは時間経過によって変わるため、
 最新のサインはインジで確認してください。

※参考に201023までのサインを紹介しています。
 (画像の時刻は日本時間です)


※通貨ペアを増加


※条件を厳しめに変更

セット教材

トレード基礎講座
練習編
インジケーター、特典一覧

注目の通貨ペア

1.準備

2.ロジック

※より詳しい解説は「FX原理原則」をご覧ください

3.インジケーター解説

※【短期トレード用】は
 「DAI_MA-Angle_Trend2」をご覧ください
  (ダウンロードもこちらからできます)

4.テンプレート解説

5.特典インジケーター

お問い合わせ