トレンドが起きるしかない状態を知る『資金の流れ』で勝つFX

menu

通貨強弱で勝つ投資『ドルスキャFX』

■ お知らせ     ※過去のお知らせ一覧はこちら
・講座の予定と近況報告 詳しくはこちら
・190814【特典】上位足のトレンド『DAI_MA-Trend-checker』を公開 詳しくはこちら

すでに『5分FastTMALine』をこえている場合

強い資金の流れが起こると。

5分足のFastTMALineをこえていくことがあります。

チャートを見たときや、
トレードしようと思ったときに、
すでに5分FastTMALineにあたっていたとき。

エントリー判断をどうすればよいかお話しします。

1.解説動画


※動画のダウンロードはこちらを右クリックして保存

2.エントリーのポイント

強い資金の流れがあるが、
5分足のFastTMALineにあたっているとき。

エントリーできる条件
満たしているか確認します。

例えば
・通貨強弱MAの状態がトレンド方向と一致するか
・資金の流れが弱まっていないか
・ローソク足が高値安値を更新しているか

など。

良い条件でない場合は、
いったん押し目や戻りを待った方が無難です。

エントリーしても、
逆行してしまうリスクが高いからです。

上位足のFastTMALineを確認します。

例えば
・15分足のFastTMALine
・1時間のFastTMALine

など。

上位足のFastTMALineを見て、
利益があまり出なさそうなときは、
見送りが無難です。

値幅に余裕があり、まだ利益が狙えそうな場合は。

50EMAなど、より有利な価格まで戻りを待って、
強い資金の流れが継続していることを
確認してエントリー
します。

安値を更新していくかしっかり見ます。

もみ合って抜けられないようであれば、
早めに決済します。

安値を更新した場合は、
上位足のFastTMALineを見ながら
利益を伸ばしていきます。

まとめ

強い資金の流れがあり。

すでに5分足のFastTMALineにあたっていたり、
こえていたりしたとき

・通貨強弱MAや資金の流れ、高値安値の更新を確認し、
 エントリーできる状態か判断する

・上位足のFastTMALineを見て、
 値動きの余裕があるか確認する

・いったん50EMAやサポレジまでの戻りを待ち、
 資金の流れが継続していることを確認してエントリーする

すぐにエントリーするのではなく、
いったん戻りを待ってエントリーすることが
ポイントです。

ドルスキャFX 基礎編
ドルスキャFX シナリオ編
インジケーター一覧

1.はじめに

2.準備

3.ロジック解説

4.トレード手順

5.パターン&フローチャート

6.重要マニュアル&記事

7.動画解説

8.テンプレート解説

9.インジケーター解説

10.特典インジケーター解説

11.特典マニュアル&ロジック詳細

12.過去チャート画像

13.過去の経済指標一覧&コラム

14.プレゼント

お申込み

お問い合わせ