トレンドが起きるしかない状態を知る『資金の流れ』で勝つFX

menu

通貨強弱で勝つ投資『ドルスキャFX』

■ お知らせ     ※過去のお知らせ一覧はこちら
・講座の予定と近況報告 詳しくはこちら
・190814【特典】上位足のトレンド『DAI_MA-Trend-checker』を公開 詳しくはこちら

通貨ペアの情報『DAI_Rate-info』

レートなどの情報を表示するインジケーターです。

1.概要

次の情報を表示します。

・通貨ペア名(チャートの時間足)
・現在のレート
・本日の高値、安値
・高値や安値までの距離
(pips)
・始値からの距離(pips)
・本日の値幅(pips)
・1ヶ月の平均値幅(pips)
・スプレッド

日足ベースです。

2.インジケーターの見方

3.使い方

エントリーチャートと組み合わせる

通貨ペアを頻繁に切り替えるチャートを組み合わせることで
表示通貨ペアの情報を得やすくなります。

動きがあるかどうか

「平均値幅」「本日の値幅」を見比べることで
動きがあるのかどうかがわかります。

例えば指標発表前や重要イベント前、
材料不足のときなどは小動きになりやすいです。

東京時間は薄商いなど、時間帯にもよります。

動きが小さいときは利益が得にくいです。

本日の値幅が小さいときは、トレンドが起きていないときです。

活発に動いているかどうかの目安となります。

買われすぎ売られすぎ

平均値幅程度に動いたときや
平均値幅以上動いたとき
買われすぎや売られすぎの目安となります。

ファンダメンタルズによっては
平均以上に動いていくこともあります。

4.設定

・Which_Window…どのウインドウに表示するか(デフォルト:0)
・Which_Corner…チャートのどの角に表示するか(デフォルト:1)

・color Symbol_Text_color…通貨ペアの文字色(デフォルト:White)
・Symbol_TextSize…通貨ペアの文字サイズ(デフォルト:18)
・Symbol_X_Position…通貨ペアのX位置(デフォルト:10)
・Symbol_Y_Position…通貨ペアのY位置(デフォルト:10)

・H_Text_color…高値の文字色(デフォルト:White)
・H_TextSize…高値の文字サイズ(デフォルト:9)
・H_X_Position…高値のX位置(デフォルト:10)
・H_Y_Position…高値のY位置(デフォルト:36)

・Rate_Text_color…レートの文字色(デフォルト:White)
・Rate_TextSize…レートの文字サイズ(デフォルト:16)
・Rate_X_Position…レートのX位置(デフォルト:10)
・Rate_Y_Position…レートのY位置(デフォルト:50)

・L_Text_color…安値の文字色(デフォルト:White)
・L_TextSize…安値の文字サイズ(デフォルト:9)
・L_X_Position…安値のX位置(デフォルト:10)
・L_Y_Position…安値のY位置(デフォルト:74)

まとめ

・レートと高値安値など情報を表示

・エントリーチャートなどと組み合わせて用いる

・日足の平均値幅から買われすぎ売られすぎがわかる

ダウンロード

ダウンロードはこちら

ドルスキャFX 基礎編
ドルスキャFX シナリオ編
インジケーター一覧

1.はじめに

2.準備

3.ロジック解説

4.トレード手順

5.パターン&フローチャート

6.重要マニュアル&記事

7.動画解説

8.テンプレート解説

9.インジケーター解説

10.特典インジケーター解説

11.特典マニュアル&ロジック詳細

12.過去チャート画像

13.過去の経済指標一覧&コラム

14.プレゼント

お申込み

お問い合わせ