トレンドが起きるしかない状態を知る『資金の流れ』で勝つFX

menu

通貨強弱で勝つ投資『ドルスキャFX』

■ お知らせ     ※過去のお知らせ一覧はこちら
・講座の予定と近況報告 詳しくはこちら
・190814【特典】上位足のトレンド『DAI_MA-Trend-checker』を公開 詳しくはこちら

【通貨強弱】パーフェクトエントリー『DAI_Perfect-Entry』

ローソク足が陽線、陰線どちらになりやすいか
「通貨強弱の勢い」から判断します。

1.概要

ローソク足が陽線になりやすいのか、陰線になりやすいのか、
5つの時間足で判定するインジケーターです。

上昇と下落を単純に見るのではなく
通貨の強弱を複雑に計算し判断しています。

たくさん計算しているのでパソコンのスペックによっては
動きづらいことや動かないこと
があるかもしれません。

2.主な使い方

基本的には入門編DAI_DSB-BEST-Entry』と同じです。

次の3つの使い方があります。

エントリー判断

エントリー方向と逆の色のときは見送りが無難です。

逆向きの色は逆行するリスクが高まります。

エントリーするときはエントリー方向と色が一致したときです。

さらに下位足が上位足と色がそろっているほど強く動きやすいです。

例えば1時間足、15分足、5分足が青色のときは
高い確率で上昇します。

トレンド判断

今、どっちの方向に動きやすいかわかります。

短期トレードを行っていると買い優勢なのか売り優勢なのか
わからなくなることがあります。

中長期のトレンドを「通貨強弱の勢い」から確認することができます。

例えば4時間足が赤色になっていれば中期的に下落しやすいとわかります。
売りを狙っていくと勝ちやすいです。

トレンド判断をチャートだけでなく
通貨強弱という別の視点から確認することで
より根拠のあるトレードができます。

決済の目安

エントリー方向と逆の色になった場合は決済の目安にできます。

例えば5分足で売りエントリーしていて
5分足や15分足がそろって逆向きの青色になったら。

決済を考えるきっかけとなります。

またポジションを持ち続ける目安にもできます。

例えば5分足で売りエントリーしていて5分足が水色になっても。

1時間足が赤のままであればポジションを持ち続ける
という選択もできます。

リアルタイムで色は変化するので
・5分と15分など色がそろったとき
・濃い赤や濃い青など、より濃い色

を重視して判断するとよいです。

3.見方(入門編との違い)

入門編は5段階です。

DAI_Perfect-Entryは「7段階」の判定です。

・青…強く上昇しやすい高い確率で陽線になる)
・ドジャーブルー…上昇しやすい(陽線になりやすい)
・水色…弱い上昇傾向(陽線になる可能性がある)
・黄色…レンジ(方向感に乏しい)
・ピンク…弱い下落傾向(陰線になる可能性がある)
・ディープピンク…下落しやすい(陰線になりやすい)
・赤…強く下落しやすい高い確率で陰線になる)

上位足の場合は1本のローソク足の時間が長いため
サイン通りに陽線や陰線にならないこともあるかもしれません。

上昇傾向が強いのか、下落傾向が強いのかという見方をするとよいです。

4.バージョン

次の3つがあります。

・DAI_Perfect-Entry…1つの時間足を表示
・DAI_Perfect-Entry_3MTF…3つの時間足を表示
・DAI_Perfect-Entry_5MTF…5つの時間足を表示

5.注意点

次の2つに気をつけるとよいです。

サインが変わる可能性がある

陽線になりやすいか、陰線になりやすいかは
リアルタイムで変化します。

色が途中で変わる可能性があります。

エントリーした後に変わる可能性もあるので
DAI_Perfect-Entryだけで判断せず、
他のインジケーターやチャートとあわせて判断することが重要です。

例えばDAI-chartで通貨強弱の傾きを確認するなど。

少なくともエントリーしたい方向と逆の色のときは
逆行するリスクがあるので見送りが安全
です。

インジケーターが重い

複雑な計算を行っているためパソコンのスペックによっては
動作が困難
な場合があります。

希望としてはアラートをつけたかったのですが。

つけるとMT4がとまってしまうほど重くなり断念しました。

表示する時間足を増やすほど重くなります。

動きづらい場合は1つの時間足のみ表示して使ってください。

個人的には5分足チャートのみMT4をわけています。
MT4をわけることで問題なく動いています。

6.設定

・TF…時間足の指定

時間足が1つのバージョンはチャートの時間足で判定されます。

複数の時間足を表示するバージョンは
指定した1番小さな時間足のチャートに設定するとよいです。

個人的には5分足チャートで使っています。

まとめ

・陽線、陰線のどちらになりやすいかを通貨強弱で判断

・エントリー方向と逆の色のときは見送り

・他のインジケーターやチャート分析とあわせて用いるとよい

まずは買いなら青、売りなら赤と、エントリー方向と
サインが一致したときにトレードするとよいです。

特に5分足、15分足、1時間足など3つの時間足の色がそろう
強力なエントリー判断基準となります。

ダウンロード

ダウンロードはこちら

ドルスキャFX 基礎編
ドルスキャFX シナリオ編
インジケーター一覧

1.はじめに

2.準備

3.ロジック解説

4.トレード手順

5.パターン&フローチャート

6.重要マニュアル&記事

7.動画解説

8.テンプレート解説

9.インジケーター解説

10.特典インジケーター解説

11.特典マニュアル&ロジック詳細

12.過去チャート画像

13.過去の経済指標一覧&コラム

14.プレゼント

お申込み

お問い合わせ