トレンドが起きるしかない状態を知る『資金の流れ』で勝つFX

menu

通貨強弱で勝つ投資『ドルスキャFX』

■ お知らせ     ※過去のお知らせ一覧はこちら
・講座の予定と近況報告 詳しくはこちら
・190814【特典】上位足のトレンド『DAI_MA-Trend-checker』を公開 詳しくはこちら

【サポレジ】DAI_DS_TrendLine

トレンドラインを表示する
インジケーターです。

1.目的

・トレンドの変化を見ること

が目的です。

ラインの角度が急になれば
トレンドが強くなったことを意味し。

角度がゆるくなれば、
トレンドが弱まったことがわかります。

2.主な使い方

トレンドラインを見て
トレードしている方も多いので。

エントリーや決済の目安として
使うことができます。

主要なラインをわってくれば、
トレンド転換が起こる可能性があることを
知ることができます。

使い方は様々ですが、
移動平均線やサポレジなど。

他のテクニカル指標と合わせて用いるとよいです。

3.スキャルピングにおいて

本来、トレンドラインは
自分で引いた方がよいのですが。

1分足はトレンドが変わるのが早いので。

自動で引いてくれると
スピーディーに相場に対応できます。

例えばエントリーや決済を考えるとき。

1分足、5分足、15分足、1時間足、
4時間足、日足
など。

チャートを細かく切りかえながら、
相場を認識するとき。

トレンドラインが引いてあると、
よりトレンドがわかりやすくなります。

トレンドの強さが変わると
瞬時にラインを引き直してくれるので、
相場への対応が素早くできます。

4.設定

・TL_Width_Main…メインのトレンドラインの幅
・TL_Color_Main…メインのトレンドラインの色
・TL_Width_Short…短期トレンドラインの幅
・TL_Color_Short…短期トレンドラインの色
・TL_Width_Long…長期トレンドラインの幅
・TL_Color_Long…長期トレンドラインの色

まとめ

・トレンドラインを見ることで
 トレンドの強さの変化がわかる

・エントリーや決済の目安として利用

・トレンド転換の可能性を知ることができる

時間足をかえて瞬時に環境認識ができるのは
自動トレンドラインツールの大きな魅力です。

まずはトレンドラインを見て、
エントリーや決済の目安として
利用するとよいです。

ドルスキャFX 基礎編
ドルスキャFX シナリオ編
インジケーター一覧

1.はじめに

2.準備

3.ロジック解説

4.トレード手順

5.パターン&フローチャート

6.重要マニュアル&記事

7.動画解説

8.テンプレート解説

9.インジケーター解説

10.特典インジケーター解説

11.特典マニュアル&ロジック詳細

12.過去チャート画像

13.過去の経済指標一覧&コラム

14.プレゼント

お申込み

お問い合わせ