トレンドが起きるしかない状態を知る『資金の流れ』で勝つFX

menu

通貨強弱で勝つ投資『ドルスキャFX』

■ お知らせ     ※過去のお知らせ一覧はこちら
・191209【特典】トレンド判断『DAI_ON_DS-Trend_Sign』を公開 詳しくはこちら
・191102【ダウンロード】おすすめのインジケーターを表示 詳しくはこちら

【重要】勝率の高い波形

勝率を高めるには
波形を見極めることが重要です。

1.勝率の高い波形

強いトレンド状態のときは、
ボリンジャーバンドとEMAが
綺麗に並んでいました。

綺麗に並んでいるときは、
『波形も綺麗』です。

負けるときというのは、
たいてい”汚い波形”のときに
エントリーしています。

移動平均線やボリンジャーバンドが

・傾きが小さい
・綺麗に並ばずにごちゃごちゃしている

汚い波形のときにエントリーすると
トレンドがすぐに崩れます。

結果、逆行して負けます。

綺麗な波形を見極めるには
『波形の回数』を見ます。

2.エリオット波動

エリオット波動では、フィボナッチ数列を元に、
繰り返される基本波形があります。

上昇の場合

・第1波から第5波で上昇
・波aから波cで調整の下落

というパターンです。

3.重要なこと

1分足はノイズも多いため、
綺麗なパターンがいつも
見られるわけではありません。

重要なことは

『波形の更新が見られるときだけ
 エントリーの対象とする』

ということです。

エリオット波動の2つ目や3つ目の波(②や③の波)

第3波や第5波を狙っていくということです。

1つ目の波とは?

どこが1つ目の波なのか考えるときは、
高値を更新した波を1つ目と考えます。

厳密なエリオット波動を考えるよりも、
”高値を更新しているかどうか”を重視して見ます。

実際は第3波や第5波でなくてもずれていても構いません。

大事なのは、何波ということよりも、
高値を更新していることです。

汚い波形のときは、波が上手く
数えられないことが多いです。

波形がよくわからないときは
トレンドがしっかりと出ていないときですので、
エントリーを見送るとよいです。

4.勝率の高い波形番号

あくまで私はですが、
2回目、3回目の波形を狙っていきます。

上昇中であれば、押し目買い、
下降中であれば、戻り売り
のことです。

トレンドが強ければ
4回、5回と波形は続きますが。

あまり深追いすると利益確定の
調整が入ったとき、逆行して負けます。

勝率を高めるためには、
2回目や3回目のトレンドが継続している
状態のときの波
を狙っていきます。

3回目以降は、いったん調整が入った後、
再度上昇してきたらエントリーを考えます。

5.波形の確認手順

綺麗な波形でエントリーするには

例えば上昇の場合

 1.前回の高値を確認する

 2.高値の更新を確認する(波①)

 3.いったん下落し、前回の高値に支えられる(波②の始まり)

 4.上昇のサインが出たらエントリー

チャートで見ると次のようになります。

相場の勢いが強いときは

・前回の高値まで戻らずに上昇することや
・サインが出たときに直近の高値をすでに更新していること

がよくあります。

勢いが強いですので、
大きな利益が出やすいです。

ただし前回の高値による支えを確認できていませんので、
エントリーした後、やっぱり前回の高値まで
戻ってしまうこともあります。

確率の問題ですので、
相場の勢いが強いと判断できたときは
エントリーを考えるとよいです。

6.決済のタイミング

利益確定のタイミングは
方法はいくつもあります。

例えば
・ボラティリティを見て
  (例)ATR(Average True Range)の2~3倍
  (例)FastTMALineの端バンドにタッチ

・テクニカル指標を見て
  (例)5pips以上利益が出て一目均衡表をわったら
  (例)10EMAをわって、20SMA(ミドルバンド)にタッチしたら
  (例)50EMA(5分足の10EMA)をわったら

・ローソク足を見て
  (例)高値安値が更新できなかったら
など。

基本はトレンドが弱まったり、
終了したりしたときが決済のタイミング
です。

どれが正解というわけではなく、
トレンドの状況やどの程度利益が出ているかで
変わってきますので、相場を見て判断します。

トレンドが強ければ利益を追求しますし、
トレンドが弱ければ早めに決済するということですね。

1つ言えるとしたら。

上昇トレンドであれば、
波形をえがこうとしていたのに、
高値をこえられなければ。

もたついているときは
利益確定してしまった方が良いと考えます。

・高値安値を更新できるか

がトレンド継続の目安となるからです。

詳しくはトレード手順でお伝えします。

まとめ

勝率の高い波形とは

・エリオット波動の第3波や第5波など、
 2回目や3回目の波をねらう

・4回目以降の波は利益確定の調整後、
 様子を見て考える

・高値安値を更新している綺麗な波が
 確認できるときだけエントリーする

まずはエントリーするときに、ちゃんと波が確認できて、
高値安値を更新しているかを意識するとよいです。

波形の更新に関しては
動画「【重要】ダマシサインを回避する方法」も参考に。


続きは「​上位足の使い方」をご覧ください

セット教材(ドルスキャFXに含む)

インジケーター一覧
ドルスキャFX シナリオ編
ドルスキャFX 基礎編

その他の教材(別売)

トレード基礎講座

1.はじめに

2.準備

3.ロジック解説

4.トレード手順

5.パターン&フローチャート

6.重要マニュアル&記事

7.動画解説

8.テンプレート解説

9.インジケーター解説

10.特典インジケーター解説

11.特典マニュアル&ロジック詳細

12.過去チャート画像

13.過去の経済指標一覧&コラム

14.プレゼント

お申込み

お問い合わせ