トレンドが起きるしかない状態を知る『資金の流れ』で勝つFX

menu

通貨強弱で勝つ投資『ドルスキャFX』

■ お知らせ     ※過去のお知らせ一覧はこちら
・講座の予定と近況報告 詳しくはこちら
・190814【特典】上位足のトレンド『DAI_MA-Trend-checker』を公開 詳しくはこちら

多くの人が勝てない理由

結果が出せない人に共通していると感じることは。

リスクリワード比率よりも勝率を重視しようとしていることです。

勝率を求めるほど負けやすい

人によって性格やトレード方法は異なるので一概には言えませんが。

傾向として、勝率を高めようとすると
利益確定が早くなり、損切りが遅くなりやすいです。

すると損大利小になります。

がんばって勝率をよくしようとするほど、負けやすくなります。

世の中は勝率、勝率と言っているので、
「勝率が負けの原因になっていること」に気づいていない場合があるかもしれません。

勝率を高めることは必ずしも勝ちにつながりません。

勝つどころか、初心者ほど負けにつながることもあるでしょう。

一度、勝率を忘れる

逆に、勝率を高めるよりも、リスクリワードを高めることを考えれば。

勝率が50%、30%と下がっても、利益を出すことができます。

負けても結果が出せるという安心感から利益が伸ばせます。

心理的には結果を出しやすいと思います。

リスクリワードとは、損切りと利益の割合のことです。

私の場合

私は東京市場では勝率を重視し、
欧州市場ではリスクリワードを重視しています。

欧州通貨は損小利大になりやすいからです。

例えばユーロ円やポンド円はトレンドに乗れば
30pips、50pipsと利益を伸ばすことができます。

損切りが10~15pipsだとしたらリスクリワード比率は2倍以上になります。

いつでも勝率を目指しているわけではないです。
欧州時間は負けても、利益をなくしてもよいから、利益を伸ばすことを重視することがあります。

例えば日足ボリンジャーバンド+2σを目標にして。
達することができずに利益をなくすことがあるかもしれません。

「早めに決済しておけばよかった」と思うかもしれません。

でも、実際は、早めに決済したら、
最終的には利益を伸ばせず、トータルでは負けるかもしれません。

もちろん通貨強弱の状態が悪ければプラマイゼロで逃げることもありますが。
少なくとも利益が伸ばせるときは目標まで持ち続けることが大事です。

エントリーより決済

どこでエントリーするかは大事ですが、
どこで決済するのかはもっと大事です。

損切りと利益確定の目標を考え、利益が出る場合のみトレードします。

利益確定ラインは人それぞれですし
相場状況によっても変わりますが。

私は日足のボリンジャーバンドや移動平均線をよく見ています。

1分足でエントリーしても、エントリーした後は15分足を見ています。
強いサポートやレジスタンスを見ています。

どこにストップがたまっているかを見ています。

長めの時間足を見て、上位足のテクニカル指標やサポレジを目標にしています。

リスクリワードを高める方が簡単

手法は人それぞれですので、ご自身にあった利益の追求方法がよいと思いますが。

もし勝率を高めようとしているのであれば、苦しい戦いになりやすいです。

勝率を高めることは難易度が高いですが、
リスクリワードを高めることはそこまで難しくありません。

長くポジションを持ち続けことが負担になることがありますので。
欧州時間にユーロポンドなど、ある程度短時間で
リスクリワード比率が高まるトレードを行うとよいと思います。

またユーロやポンド以外のマイナー通貨は利益が伸ばせないことが多いです。

トレード回数を増やそうとNZドルやカナダドルに手を出すと
実力がないうちはスプレッド負けしますので注意が必要です。

まずはユーロとポンドがよいと思います。

そして、通貨強弱でユーロとポンドが逆の動きをしているときではなく、
難易度が低い、ユーロとポンドが同じ動きをしているときに
トレードすることをおすすめします。

通貨強弱やエントリーのポイントに気をつければ
勝率が極端に悪くなることもありません。

欧州時間にクロス円の鉄板パターンでトレードすれば
よほどのことがない限り、負け続けることはないと思います。

まとめ

どうしても、結果が出せないという場合。
一度、勝率よりも、リスクリワード比率を考え。

勝率が下がっても、損小利大で結果が出せる、
心にゆとりの持てるトレードを目指してみるとよいと思います。

何事もかたよるとよくありません。バランスが大事です。

勝率とリスクリワード比率をバランスよく考えるとよいです。

「負けられない」と思うほど利益が伸ばせない行動をし、負けやすいので。

勝率にこだわり、苦しいトレードをしていないか。

一度、勝率にこだわることを捨てると
結果が出るようになるかもしれません。


【参考】損小利大のトレードを行うには次を参照

・トレード手法…「クロス円の勝率の高いトレード手順
・エントリー、決済…「【重要】逆行負けをふせぐ

 

 

ドルスキャFX 基礎編
ドルスキャFX シナリオ編
インジケーター一覧

1.はじめに

2.準備

3.ロジック解説

4.トレード手順

5.パターン&フローチャート

6.重要マニュアル&記事

7.動画解説

8.テンプレート解説

9.インジケーター解説

10.特典インジケーター解説

11.特典マニュアル&ロジック詳細

12.過去チャート画像

13.過去の経済指標一覧&コラム

14.プレゼント

お申込み

お問い合わせ