トレンドが起きるしかない状態を知る『資金の流れ』で勝つFX

menu

通貨強弱で勝つ投資『ドルスキャFX』

■ お知らせ     ※過去のお知らせ一覧はこちら
・191209【特典】トレンド判断『DAI_ON_DS-Trend_Sign』を公開 詳しくはこちら
・191102【ダウンロード】おすすめのインジケーターを表示 詳しくはこちら

トレンドの強さ

移動平均線とボリンジャーバンドを見ることで
トレンドの強さを把握することができます。

1.トレンドとは?

基本的には、高値と安値の
切り上げや切り下げ
でトレンドを判断します。

高値、安値を切り上げているときが
上昇トレンド。

高値、安値を切り下げているときが
下降トレンドです。

2.ひと目でトレンドを見分ける方法

『ボリンジャーバンド±1σと10EMAの距離』

を見てください。

ぴったりとくっついているときが
トレンド状態。

ボリンジャーバンドと10EMAの間に
隙間があるときがレンジです。

トレンドとは厳密には高値安値の
切り上げや切り下げですが。

慣れるまではボリンジャーバンドや移動平均線で
トレンドを判断してもよいと考えます。

3.強いトレンドとは?

ボリンジャーバンド±1σと10EMAが
ぴったりとくっつき。

ボリンジャーバンド±1σと10EMAの上下を
価格が移動するときが強いトレンド
です。

例えば、10EMAより下がらずに、
10EMAの上を移動していくときが上昇トレンド

10EMAより上にいかずに、
10EMAの下を移動していくときが下降トレンドです。

4.超強いトレンドとは?

10EMAの上を価格が移動するときは
強いトレンドです。

さらに5EMAの上下を価格が移動するときは
超強いトレンド
といえます。

5EMAの上を価格が移動するときは
超強い上昇トレンド

5EMAの下を価格が移動するときは
超強い下降トレンドです。

上位足が強いトレンドのときに、
下位足でエントリーするのが基本です。

まとめ

・トレンド状態とはときボリンジャーバンドと
 移動平均線がぴったりくっついているとき

・10EMAの上を価格が移動するときは強いトレンド

・5EMAの上を価格が移動するときは超強いトレンド


続きは「​トレンドとレンジの判断」をご覧ください

セット教材(ドルスキャFXに含む)

インジケーター一覧
ドルスキャFX シナリオ編
ドルスキャFX 基礎編

その他の教材(別売)

トレード基礎講座

1.はじめに

2.準備

3.ロジック解説

4.トレード手順

5.パターン&フローチャート

6.重要マニュアル&記事

7.動画解説

8.テンプレート解説

9.インジケーター解説

10.特典インジケーター解説

11.特典マニュアル&ロジック詳細

12.過去チャート画像

13.過去の経済指標一覧&コラム

14.プレゼント

お申込み

お問い合わせ