トレンドが起きるしかない状態を知る『資金の流れ』で勝つFX

menu

通貨強弱で勝つ投資『ドルスキャFX』

■ お知らせ     ※過去のお知らせ一覧はこちら
・191209【特典】トレンド判断『DAI_ON_DS-Trend_Sign』を公開 詳しくはこちら
・191102【ダウンロード】おすすめのインジケーターを表示 詳しくはこちら

おすすめ決済方法(トレンドの強さ別)

個人的に気に入っている
利益確定の方法を紹介します。

トレンドの強さによって
決済方法をかえています。

1.トレンドの強さとは?

参考までに、トレンドの強さを
インジケーターを目安にするとしたら。

弱いトレンドとは

・通貨強弱が弱い
 (DAI_DS-CurrencyStrength_MTFが水色やピンクのサイン)
・トレンド状態が弱い
 (DAI_DS-Trend_MTFの5,6段目が水色やピンクのサイン)
・資金の流れが弱い
 (DAI_DS-Flowが水色やピンクのサイン)

強いトレンドとは

・通貨強弱が強い
 (DAI_DS-CurrencyStrength_MTFが
  ドジャーブルーやディープピンクのサイン)
・トレンド状態が強い
 (DAI_DS-Trend_MTFの5,6段目が赤や青のサイン)
・資金の流れが強い
 (DAI_DS-Flowがドジャーブルーやディープピンクのサイン)

超強いトレンドとは

・通貨強弱が超強い
 (DAI_DS-CurrencyStrength_MTFが青や赤のサイン)
・資金の流れが超強い
 (DAI_DS-Flowが青や赤のサイン)
・資金の流れが「米ドルへ集中」
 もしくは「米ドル以外へ流出」の場合

 (DAI_DS-Flow_SCのグリーンやオレンジのサイン)

インジケーターが全体的にうすければ
弱いトレンド。

サインの色が濃くなるほど強いトレンドと言えます。

また値動きの大きさや、
陽線、陰線の割合や長さ。

移動平均線の傾きなど。

他のテクニカル指標や
ローソク足の形状も見ながら、
トレンドの強さを判断するとよいです。

2.おすすめの決済方法

トレンドが弱いときは
・5~10pipsをATRを見ながら判断
・1分足FastTMALineの端にあたったら

トレンドが強いときは
・一目均衡表の雲を割ったら
・5分足のFastTMALineの端にあたったら

トレンドが超強いときは
・50EMAを割ったら
・15分足以上のFastTMALineの端を目指す

というやり方です。

動画「『強い資金の流れ』利益確定の目安」も参考に。

方法はいくつもありますので。
自分なりのパターンを決めていくとよいです。

まとめ

・トレンドの強さをインジケーターや
 ローソク足、テクニカル指標で判断する

・トレンドが弱いときはATRを参考に
 固定pipsや1分足のFastTMALineで決済

・トレンドが強いときは、一目均衡表の雲、
 移動平均線、上位足のFastTMALineを参考にする

まずはATRを目安にしっかりと目標利益を確保し。

強いトレンドが発生したときには、
トレンドが続く限り、利益を追求するとよいです。


「​【重要】取引き時間帯」も参考に

セット教材(ドルスキャFXに含む)

インジケーター一覧
ドルスキャFX シナリオ編
ドルスキャFX 基礎編

その他の教材(別売)

トレード基礎講座

1.はじめに

2.準備

3.ロジック解説

4.トレード手順

5.パターン&フローチャート

6.重要マニュアル&記事

7.動画解説

8.テンプレート解説

9.インジケーター解説

10.特典インジケーター解説

11.特典マニュアル&ロジック詳細

12.過去チャート画像

13.過去の経済指標一覧&コラム

14.プレゼント

お申込み

お問い合わせ