トレンドが起きるしかない状態を知る『資金の流れ』で勝つFX

menu

通貨強弱で勝つ投資『ドルスキャFX』

■ お知らせ     ※過去のお知らせ一覧はこちら
・講座の予定と近況報告 詳しくはこちら
・190814【特典】上位足のトレンド『DAI_MA-Trend-checker』を公開 詳しくはこちら

トレンド継続を知る方法

通貨強弱を見る上で1番重要なのは

『資金の流れ』

を知ることです。

資金の流れがわかれば、
トレンドの継続がわかるからです。

1.トレンドの継続を知るには?

1通貨ペアだけを見るのではなく、
全体的に見て

・もっとも資金がよく動いている場所
・資金が動いている理由

を明らかにすることが重要です。

資金は何の根拠もなく
動くことはありません。

トレンドができるには理由があります。

根拠がなければ
トレンドはすぐに終わります。

理由があるから、
トレンドが継続します。

2.本当の経済指標トレードとは?

指標トレードは、指標発表に合わせて
注文を入れることと思われがちですが。

本当の経済指標トレードとは

『資金が動く理由』

が明確になることです。

例えば米国の利上げについて
要人発言があったり、
消費者物価指数の発表があったり。

米ドルが買われたり売られたりする
根拠が明らかになることが
経済指標発表です。

強いトレンドができるときは、
強い理由が明らかになったときです。

3.強い理由を知るには?

指標発表や要人発言であれば、
結果はサイトやニュースで
知ることができます。

各通貨にとって
・ポジティブなのか
・ネガティブなのか

根拠が発生して、その方向へ
トレンドができます。

理由が世界規模になると。

1つの通貨ではなく、
複数の通貨が連動して動きます。

例えば、災害やテロなど悪いニュースがあれば、
クロス円がそろって下落したり、
米国の経済指標が非常に良ければ、
ドルストレートがそろって下落したりします。

根拠が相場を動かし、
通貨強弱が相場の方向性を示します。

4.終わらないトレンド

ドーナツ状のプールを大人10人が
同じ方向に進む話をしました。

指揮官が1人いたらどうでしょうか。

号令をかけながら、みんなを一斉に
同じ方向へ動かしたら。

プールの水は、一方向に流れ続けますね。

誰か1人脱落しても、
しばらくは同じ方向に動きます。

指揮官とはファンダメンタルズのことです。

例えば経済指標や要人発言など。

強い根拠があれば、それぞれの通貨が
そろって同じ方向へ動きます。

同じ方向へ動くと、ドルストレートや
クロス円がそろった動きをします。

米ドルを中心に経済が動きます。

まとめ

・市場は米ドルを中心に動いている。

・ドルストレートやクロス円の値動きを見ることで
 短期間で終わらない「継続的なトレンド」を
 つかむことができる

・値動きの土台には、経済指標発表や
 要人発言などの「ファンダメンタルズ」がある

ファンダメンタルズを理解した上で。

米ドルを中心とした資金の流れを知り。

円や他通貨が米ドルに対し、
強いのか、弱いのかを把握した上で
トレードすることが大切です。

勝率の高いトレードができるからです。

次回は代表的な資金の流れを紹介します。


続きは「​【重要】4つの資金の流れ」をご覧ください

ドルスキャFX 基礎編
ドルスキャFX シナリオ編
インジケーター一覧

1.はじめに

2.準備

3.ロジック解説

4.トレード手順

5.パターン&フローチャート

6.重要マニュアル&記事

7.動画解説

8.テンプレート解説

9.インジケーター解説

10.特典インジケーター解説

11.特典マニュアル&ロジック詳細

12.過去チャート画像

13.過去の経済指標一覧&コラム

14.プレゼント

お申込み

お問い合わせ