トレンドが起きるしかない状態を知る『資金の流れ』で勝つFX

menu

通貨強弱で勝つ投資『ドルスキャFX』

■ お知らせ     ※過去のお知らせ一覧はこちら
・講座の予定と近況報告 詳しくはこちら
・190814【特典】上位足のトレンド『DAI_MA-Trend-checker』を公開 詳しくはこちら

見るべき時間足

資金の流れを見るとき。

気をつけるポイント
お伝えします。

1.1番見る時間足

1分足でのスキャルピングの場合。

15分足の資金の流れ

に1番注目します。

次に注目するのが
5分足の資金の流れ
です。

1時間足の資金の流れは「長期的視点」です。

意識はしますが、
1時間のサインでエントリーはしません。

2.15分と5分を重視

真ん中の15分足の資金の流れを
1番重視します。

2番目が1番上の5分足です。

5分足と15分足が両方ついていたら
自信を持ってエントリーできます。

インジケーター「DAI_DS-Flow_W」は、
5分と15分の資金の流れが
そろったときを教えてくれます。

サインがついたときはエントリーOKです。

詳しくは「【資金の流れ】DAI_DS-Flow_W」を参考に。

1番下の1時間足の資金の流れは
長期的視点ですので。

・相場の方向性がどちらに向かっているか

を知るために見ます。

長期的な流れとそった方向に
レートは動きやすい
といえます。

長期と短期で流れが異なったときは

1時間足のサインと15分や5分のサインが
異なっていた場合は。

15分や5分を優先します。

短期的には短い時間足の方向に
動く
からです。

ただし1時間足の流れの方に
反転する可能性があるので、
早めに決済するのがよいです。

まとめ

・1番見るべきは15分足の資金の流れ

・短期トレードでは15分と5分を重視する

・1時間足の資金の流れは長期的視点
 (1時間足の流れだけでエントリーはしない)

まずは15分足の資金の流れをメインに
トレード判断を行うとよいです。


続きは「​『弱い資金の流れ』のトレード」をご覧ください。

ドルスキャFX 基礎編
ドルスキャFX シナリオ編
インジケーター一覧

1.はじめに

2.準備

3.ロジック解説

4.トレード手順

5.パターン&フローチャート

6.重要マニュアル&記事

7.動画解説

8.テンプレート解説

9.インジケーター解説

10.特典インジケーター解説

11.特典マニュアル&ロジック詳細

12.過去チャート画像

13.過去の経済指標一覧&コラム

14.プレゼント

お申込み

お問い合わせ